先日からお預かりのプジョ−208GT



スーパーチューニング施工完成しました。

DSC_8422
ダイポルギーをしっかりと乾燥させます。
この時期はすぐに乾かないので一晩寝かせておきます。

DSC_8423
各吸音材を適材適所貼っていきます。

DSC_8428DSC_8424
貼る場所の形状に合わせて吸音材をカットしながら貼っていきますが、この作業簡単そうですぐに終わりそうに見えるのですが、地味に時間かかります(汗)

DSC_8429
そして完成!!

DSC_8435DSC_8433
ある一定の周波数の低音域が鳴った時に細かなビビり音が出ていたので、ビビりそうな部分のパネル類のあたり面等にビビり対策を施します。

DSC_8437DSC_8436
パワーウィンドウのスイッチ裏はスイッチ類がはめ込んであるだけで、ビビりの原因になりやすいのでここにも対策を施します。


以上で全て完成です!!

ビビり音も完全に消えて、なによりもサウンド全体のリアリティーが向上!!
とくにヴォーカルなどの中音域のサウンドがクリアーになり、ツィーターとの音のつながりがより自然になりました。

ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------
施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング