おはようございます(^ ^)
またまたご無沙汰です(^^;;

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_5788
ロードスターRFです。
色が渋い!!
やっぱりロードスターはかっちょいいですね!!


DSC_5817
こちらのオーナー様は和歌山県よりお越しいただきました。
遠路はるばるありがとうございます。


ご依頼いただいた施工内容はアライブ定番人気メニュー「スーパーデッドニング」です。

DSC_5793DSC_5792
オーディオは純正BOSEシステムです。


DSC_5797DSC_5798
純正BOSEスピーカー


DSC_5800DSC_5801
内バリ裏。
吸音材等何も入っていません。

将来的には「スーパーチューニング」を施工していただけると、BOSEスピーカーのクオリティーがより発揮できます。

※ スーパーチューニングについてはこちらをご覧ください。



DSC_5808DSC_5809
純正BOSE、標準の純正スピーカーよりも造りはしっかりしていますね。

しかし、このスピーカーが装着されているドア自体が、ペラペラの鉄板で出来ているスピーカーボックスとしてはあり得ない環境で鳴っています。

このペラペラのドアにスピーカーの振動が伝わり、余計な響きを出しまくって結果的にスピーカー本来のクオリティーを下げている一番の原因なのです。

「やっぱり純正スピーカーはダメだ」と決め着けていませんか?

このドアの響きを改善しなければ、いくら高価なスピーカーに変えても余計な響きを出しまくるドアがスピーカーのクオリティーを下げてしまいます。
せっかくの高価なスピーカーが勿体無いですね。

逆に言えば、安価な純正スピーカーでもスピーカーのクオリティーを下げている原因のドアの響きを改善すると純正スピーカー本来のサウンドが蘇り、

「えっ!?これ純正スピーカー!?」
「今まで鳴ってなかった音が鳴ってる!?」
「スピーカー変えたみたい!!」
「純正スピーカーでもこんな音出るんや!!」

ってなります(笑)

施工後にこのような声をたくさんいただいています。



これがカーオーディオの概念にとらわれず、「車のスピーカーは楽器の音を鳴らす楽器だ」という独自の発想から考案した「スーパーデッドニング」です。


てな感じで次行きます。

DSC_5814
まずはアウターパネル側の施工から。

ドア内部の汚れ等を取り除きます。

DSC_5819DSC_5820
車が新しいのでそんなに汚れはありませんが、脂分などもあるのでこの工程を怠ることはできません。


DSC_5822DSC_5823
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩き指先に伝わる響きと音を感じ取りながら、制振材を貼るポイントを探ります。

敢えて適当な大きさにカットしてある制振材の中から最適なものを選びます。

DSC_5824DSC_5825
探ったポイント部分に貼っていきます。
制振材をさらにカットして響きを微調整していきます。

最初は「ビンビン」と鉄板特有の音がしていたのが、徐々に変化していき「ボンッボンッ」と太鼓を叩いているような余韻が出る響きに変わります。

この調整しアウターパネルの響きによって、音楽を聴いていて心地よく感じるベース音の余韻を奏でるのです。

「ボディー(ドア)自体がいい響きを奏でる」正しく楽器ですね。


DSC_5826DSC_5827
貼り終えた制振材をヘラでしっかりと押さえつけていきます。
結構地道な作業ですが、この地道な工程の積み重ねが出てくるサウンドに影響してくるのです。

DSC_5833DSC_5832
助手席側も同様に施工していきます。


DSC_5837DSC_5838
スピーカー背面の鉄板部分に吸音材を貼り付けます。
スピーカー裏から出る音の反射を防ぎます。
耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC_5839
貼りました。


DSC_5841
スピーカーとパネルを元に戻します。
ここから実際に音楽を鳴らします。

音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わります。
ボリュームを上げればあげるほどインナーパネルに伝わる響きが大きくなります。

実はこのインナーパネルの響きがスピーカー本来のクオリティーを下げている一番の原因です。

ボリュームを上げていくと音が潰れて歪んだように感じると思います。
ただただうるさいだけで、ボーカルや各楽器の音も埋もれてしまってとても聞いてられない音になりますね。

そこで思うことが「やっぱり純正スピーカーはダメだ!!」となりますね(笑)

そしてスピーカーを「どうせなら高いやつがいいだろう」と交換して、結果・・・
「あれ??、なんか違う??」
「やっぱり外部アンプ、DSPプロセッサーが必要やなぁ」

そして・・・

「あれ??なんで??」

という感じで沼にハマっていくのです(笑)

カーオーディオ(特にスピーカー部分)は未完成なオーディオシステムです。
各パーツを組み合わせて良い音を目指すのですが、車というオーディオにとっては最悪な環境の中、単純にパーツを組み合わせるだけでは良い音にはなりません。

物ばかりに目がいってると、どんどん沼にハマりお金だけが飛んでいきます。
恐ろしいですね(>人<;)

物選びも大事ですが、それらを活かし切る施工法がもっと大事なのです。
その中でもスピーカー部分は音が出る一番重要な部分で、しかもドアがスピーカーにとって最悪な環境なので、ただ取り付けるだけでは本来のサウンドを出すことはできません。

アライブのスーパーデッドニングを基盤とする各施工法は、物を活かすことを最優先に考案した施工法です。


と、話を施行に戻しまして^^;

DSC_5842DSC_5843
インナーパネルに手を触れて響きを感じ取り制振材を貼るポイントを探ります。

DSC_5844DSC_5845
ポイント部分に制振材を貼ってヘラでしっかりと押さえつけていきます。

DSC_5846
そして次のポイントを探ります。
これを繰り返していき・・・

DSC_5847
完成です!!

DSC_5852
運転席側も同様に施工していき完成です。

DSC_5855
最後にサウンド調整。
と言っても全てフラットです!!

スーパーデッドニングで根本の響きを改善して音作りをしているので余計な調整は必要なくなります。
調整で作った音ではないのでどんなジャンルでも良い音で聴けますし、音楽に限らずラジオやテレビの音も聞きやすくなります。


ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング