本日はこちらのお車が入庫中です。

DSC_0667
HONDA VEZEL

兵庫県は小野市よりお越しいただいたご新規様です。
遠路はるばるありがとうございます。

ご依頼いただいた施工内容は、ここ最近の大人気メニュー「スーパーデッドニング&スーパーチューニング・フロント&リア同時施工」です。

※ 詳しくはこちらをご覧ください。



DSC_0669
オーディオは全て純正です。

DSC_0672DSC_0671
スピーカーはメーカーオプションのプレミアムオーディオです。
フロントセパレート2ウェイスピーカー。

DSC_0673
リアもセパレート2ウェイです。

DSC_0670DSC_0676
センタースピーカーとラゲッジサイドにウーファー。


DSC_0678
フロントドア、内張外しました。

DSC_0680DSC_0681
フロントミッドスピーカー。


DSC_0683
リアドア内張外しました。

DSC_0685DSC_0686
リアミッドスピーカー。
フロントと同じように見えますが、筐体の厚みがリアの方が分厚いです。


DSC_0693DSC_0694
ビニール外します。
ホンダ車特有のネバネバブチル。
そのまま剥がすと伸びるばかりで、後々綺麗に取り除くのが大変です(汗)

秘密の溶剤をブチルとドアパネルの間に少しずつ垂らすとペロペロと剥離していきます。

DSC_0695
ハイッ!!
綺麗に剥がせました!!


DSC_0696
ドア内部も丁寧に脱脂処理した後アウターパネル裏を指先でコンコンと叩き、指先に伝わる響きを感じ取って制振材を貼るポイントを探ります。

この工程は同じ車を施工する場合でもその都度行う工程です。

DSC_0697DSC_0698
あえて適当にカットしてある制振材の中から、最適な大きさのものを選んでポイント部分に貼っていきます。

DSC_0699DSC_0700
全て貼り終えるとヘラでしっかりと押さえつけていきます。

DSC_0716DSC_0718
ドア下の手が入りにくいところは非常に押さえ難い(汗)
腕がこんなことになりました(笑)

DSC_0724DSC_0728
リアドアも同様に施工していきます。


スーパーデッドニング工程は一旦中断して、スーパーチューニング工程へ。

DSC_0701DSC_0702
内張裏に制振塗料「ダイポルギー」を塗っていくのですが、密着性を高めるために足付けを行います。
このような地味な下地処理が物作りにとっては重要なのです。

DSC_0703DSC_0704
足付け完了!!

DSC_0705DSC_0706
ダイポルギーを刷毛で塗りこんでいきます。

DSC_0707DSC_0708
第一弾、塗り込みました。
しっかりと乾燥させた後、第二弾塗り込みます。


ダイポルギーを乾燥させている間に、スーパーデッドニングの続きを施工していきます。


という感じで着々と進行中!!

ちなみに今回の内容の施行日数は、4日間のお預かりとなります。

ではでは〜

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから