兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • クロストレックにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
    2023年09月09日● スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工クロストレック

    スバル クロストレックに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工のご紹介です。

    記事を読む

  • ディナウディオのスピーカーがブレイク中!!
    2023年09月04日ブログねたDYNAUDIO

    アライブでは、デンマークの高級スピーカーメーカー「DYNAUDIO(ディナウディオ)」が、大ブレイクしております!!

    記事を読む

  • 今日から9月です
    2023年09月01日ブログねた

    今日から9月、今月は毎日更新頑張る・・・予定は未定(笑)

    記事を読む

  • ハイエースにハイパーアウターバッフル制作
    2023年08月31日ハイエース● ハイパーアウターバッフル

    ハイエースにハイパーアウターバッフル制作のご紹介です。

    記事を読む

  • エスティマにコスパ最高プラン施工。
    2023年08月02日● コスパ最高プランエスティマ

    エスティマにコスパ最高プラン施工のご紹介です。

    記事を読む

  • 今日から8月、お盆期間中の営業日のお知らせ。
    2023年08月01日お知らせ

    今日から8月。 お盆期間中の営業日のお知らせです。

    記事を読む

  • ジムニーシエラにアルパインシエラ専用ナビ、その他もろもろ取付しました。
    2023年07月25日JIMNY SIERRAナビ取付

    ジムニーシエラにアルパインシエラ専用ナビ、その他もろもろの取り付けをしました。

    記事を読む

  • ジムニーシエラに6インチスピーカー(DLS RCS6.2i)取付と、アルパイン11インチフローティングナビ取付
    2023年07月24日JIMNY SIERRA◆スーパーインナーバッフル製作工程公開

    ジムニーシエラにDLSの6インチスピーカーをスーパーインナーバッフル制作して取り付けます。 アルパイン11インチフローティングナビ等、施工内容てんこ盛りです。

    記事を読む

クロストレックにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工

本日はこちらのお車のご紹介。

DSC_2924
スバル クロストレックです。
クロストレックへの施工はお初です。

DSC_2927
和歌山県よりお越しいただきました。
遠路はるばるありがとうございます。

ご依頼いただいた施工内容はアライブ定番メニューの「スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工」です。



DSC_2928
オーディオはすべて純正です。
画面でかいっ!!

DSC_2929DSC_2936
フロントスピーカー。

DSC_2930DSC_2943
リアスピーカー。


DSC_2941DSC_2950
ドア内部の汚れや脂分を丁寧に取り除きます。

DSC_2951
お車が新しいのでそんなに汚れはありませんね。


まずはアウターパネルの響きをコントロールしていきます。

DSC_2952
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC_2953DSC_2954
あえて適当な大きさにカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC_2955
そして次のポイントを探ります。
最初は大まかに貼っていきます。

アウターパネルの響きが変わっていくにつれて制振材をさらに小さくカットして微調整していきます。

DSC_2957DSC_2956
すべて貼り終えた状態です。

DSC_2958DSC_2959
ここからヘラを使ってすべての制振材をしっかりと押さえつけて、より密着性を高めていきます。

DSC_2961DSC_2964
ドア内部奥のほうの制振材もしっかりと押さえつけていきます。
奥のほうは手が入りにくく、力も入れにくいので指と腕が攣りそうになります。
この工程が結構大変で時間かかります。

運転席側が終わったら助手席側も同様に施工していきます。

よく「制振材を貼る位置は左右対称に貼るのですか?」と聞かれるのですが、全く違います。
各ドアそれぞれ叩きながら制振材を貼るポイントを決めて響きをコントロールしています。

結果的に各ドアへ貼っている制振材の位置や大きさは違うのですが、出来上がるパネルの響きは同じになります。

アライブのスーパーデッドニングは制振材を貼って(貼ることが目的)その結果の音を提供しているのではありません。

アライブサウンドのコンセプトである「いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド」になるようにドアの響きをコントロールしているのです。

要は明確なサウンド(目指す音)があり、そのサウンドになるような位置に制振材を貼っています。
ですので同じ車種が来ても制振材を貼ってある位置や大きさは全く違います。
しかし、それによって出来上がる根本のサウンドはすべてアライブサウンドになります。

逆に制振材を貼ることを主とするデッドニングでは出来上がるサウンドがその結果になります。
制振材を貼れば絶対に音は変わりますが、それがいい音になるのかどうかは別問題です。
まあ音が変わるので「変わったからいい音になった」と思えばそれはそれでいいのかもしれませんが、それならばDIYでやればいいのではないかと思いますね。

ただ我々はプロとしてお客様からお金を頂いてデッドニングをしています。
闇雲に制振材を貼って音が変わって「ハイッ!こんな音ができました!いい音でしょう!!」なんてプロとしてはどうなんでしょうか?

良い音なんて人それぞれの感覚なので正解なんてありませんが、プロとして施工をしているのならブレの無いこだわりのサウンドを持っていないとダメだと思いますね。

アライブの各施工法は何回も言いますが「いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド」を生み出すために考案した独自の施工法です。
その一番重要でアライブサウンドの基盤となる施工法が「スーパーデッドニング」です。




という事で施工の続きです(笑)

DSC_2965DSC_2966
リアドアも同様に施工していきます。

DSC_2970DSC_2971
スピーカー裏のパネル部分に吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。
これによりボーカルなどの音のこもりが解消されます。
貼り付ける面に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC_2977DSC_2978
こんな感じで貼ります。


DSC_2975DSC_2976
続いてサービスホールをふさぎます。
ゴム質の制振材をサービスホールの大きさにカットします。

DSC_2972DSC_2974
サービスホールの淵に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC_2979DSC_2980
ヒートガンで温めながらサービスホールに貼っていきます。

スピーカーを取り付けてここから実際に音楽を鳴らします。
曲はビックバンドの生楽器演奏(特にベース音がよくわかる)の決まった曲をリピート再生します。


DSC_2983
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わります。

実はこのインナーパネルの響きがスピーカー本来の音を悪くしている最大の原因です。

なにも施工していない純正スピーカーの場合、ボリュームを上げれば上げるほどスピーカーから伝わるインナーパネルの響きが大きくなり、聴感上音がつぶれたような歪んだ音になります。
ただただうるさいだけでボーカルや各楽器それぞれの音も聞き取りにくい状態になります。

その原因が純正スピーカーだと決めつけられがちですが全く違います。

確かに純正スピーカーは安価な物なのでリアルな音色なんてものは全く期待できませんが、それ自体が音を歪ましているのではなくドア自体の余計な響き(特にインナーパネル側)がその原因です。
そこを改善せずにスピーカーだけ高価なものに交換しても根本の原因の改善にはならず、せっかくの高価なスピーカーのクオリティーを発揮しきれずもったいないことになりますね。

逆に純正スピーカーでも音を悪くしている原因であるドアの響きをコントロールすることによって純正スピーカー本来のサウンドがよみがえり「えっ!?これ純正スピーカー!?」と驚く結果になります(笑)

それがスーパーデッドニング効果なのです。
デッドニングってDIYでもできるので簡単そうに思われていますが、実は一番奥の深い施工なんです。


また話がそれましたが、手をインナーパネルに触れて響きを感じ取り制振材を貼るポイントを探ります。
はじめはスピーカー周りの響きが大きい部分から貼っていきます。

DSC_2984DSC_2985
インナーパネル側は制振材を貼ってすぐに押さえつけます。

DSC_2986
そして次のポイントを探ります。

これを繰り返していき・・・

DSC_2987
完成です!!

DSC_2991
リアドアも同様に施工していきます。

DSC_2994DSC_2997
もちろん左側もそれぞれ同様に施工していきます。

DSC_2994DSC_2987
左右見比べていただくとわかりますが左右対称には貼っていませんね。
インナーパネル側もアウターパネル同様に「目指すサウンド」になるようにその都度施工しています。
なんでそんなことがわかるのかと言われますが、こればかりはスーパーデッドニングを生み出してから多種多様な車種へ何百台と施工してきた経験からの感覚としか言いようがありませんね。

それと若いころから趣味でやっているギターもその感覚に役立っています。
ギター等のすべての楽器は楽器のボディー自体が響いて良い音色が出る構造となっています。
そのように作られています。
響かなかったら音自体出ませんからね。

そんな楽器の音を聞くだけではその楽器が響いてるなんてわかりません。
しかし演奏するとなると、特にギターは身体に密着させた状態で演奏するので、もろにギター本体が響いているのが伝わります。
音を聞く感覚とは別に響きを感じる感覚があるのです。
たまたまですがそんな感覚があったからこそ「響き=音」というものに敏感だったのだと思います。

この事から車のドアは「スピーカーボックスというより楽器のボディーだ」という事に気づき、そして制振材を貼るポイントを探ることに大いに役立っているのだと思います。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ディナウディオのスピーカーがブレイク中!!

おはようございます。
今月は毎日更新を頑張ろうと先日のブログで宣言したのもつかの間、もう9月4日です(^_^;)
三日坊主どころか一日坊主でした(笑)


それはさておき、アライブでは現在「DYNAUDIO(ディナウディオ)」が大ブレイク中です!!

DSC_3669
ディナウディオはデンマークの高級スピーカーメーカーです。





アライブでは20年ほど前からディナウディオを扱っています。
当時のブログで店内試聴スピーカーの紹介記事にも載っていました。


なんとも懐かしい写真です(笑)
当然今の店舗ではなく、前の前の前の時の店舗での写真です。
前の前の前って、何回引っ越してるねんって感じですが…(^_^;)

ちなみにですが、今は店内で試聴できるこんなシステムはありませんm(__)m
そのかわり試聴デモカーはありますよ(^^♪

この頃はいろいろな大きさや構造のスピーカーボックスを制作して、さらにスピーカーボックス内にいろいろな吸音材を出し入れしたりして実験していました。

同じスピーカーユニットでもスピーカーボックスの大きさ(容積)、構造、中に入れる吸音材の種類、量、位置、等々によって音がころころ変わることを体感しました。

とくにディナウディオのスピーカーはスピーカーボックスのチューニング次第で良し悪しが顕著に表れるユニットだったので、めちゃめちゃ勉強になりましたね。

また鳴らすパワーアンプによっても良し悪しの違いもよくわかりました。
さらにスピーカーケーブルやRCAケーブル等のケーブルの音の違いもわかるので、いろいろなケーブルのテストもやってましたね。

当時はこんなことばっかりやってましたね(^-^;
暇だったのか!?(笑)

とにかくこの経験がアライブ独自の施工法「スーパーデッドニング」に活かされていて、ディナウディオとの出会いがなければ今のアライブサウンドの存在もなかったといっても過言ではないくらいです。


そんな思い入れが深いディナウディオですが、高級スピーカーメーカーというだけあってめちゃめちゃ高い!!





当時は上記の2ラインナップしかなく、どちらのグレードもそう簡単に手が出せる価格(値段載ってないし…)ではありませんし(最近の値上がりでさらに遠い存在に…)、さらにそれを鳴らすアンプやケーブル類、施行費等々、ディナウディオをまともに鳴らすためのトータルの価格がとんでもないことになります。

ですので実売はそんなに多くはなかったですね。


ところが約3年ほど前に新たなラインナップが追加されました。


cbesotan212
こちらは価格表示がありますね(笑)
量販店が扱っているような国産スピーカーの価格と比べると「高っ!!!!」って思われるかもしれませんが(そもそも比較対象ではないですが…)、ディナウディオとして見ればかなりリーズナブルな価格となっています。

もちろん上位クラスとの違いはあるかと思いますが、ディナウディオというブランドのスピーカーがこの価格帯で手に入ると思うといいのではないでしょうか?


そんなこんなでたまたまですが、「只今、ディナウディオがブレイク中です!!」というお話でした(笑)


ではまた〜

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

今日から9月です

みなさま、こんにちは(^O^)/

めちゃめちゃ暑かった8月も終わり、今日から9月です。
今日は暑さもかなり和らいで「夏も終わったなぁ」と実感する気候です。

先月はブログ更新が3日間だけだったので今月は毎日更新目指して頑張ろう!!と、朝から意気込んでいたけどもう夕方です(^_^;)

この調子では毎日更新は無理かな(^▽^;)

ブログネタはてんこ盛りあるのでできるだけ更新するよう頑張ります!!


という事で今日も大忙しなので終わります〜

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ハイエースにハイパーアウターバッフル制作

めちゃめちゃご無沙汰しております(^-^;
毎度こんなこと言ってますが、早いもので今日で8月も終わりですね。

8月に入ってブログ更新頑張ろうと思ってましたが、なんと2日しか続きませんでした(汗)
三日坊主にも届かずです('◇')ゞ

ありがたいことですが、相変わらず超多忙で8月はほぼ休みなくやっておりました。
明日から9月ですが引き続きこの状況は続いておりまして、今現時点での施工予約可能な日程は、施工内容にもよりますが10月中旬以降となっております。

施工内容にもよりますので施工お申し込み時に都度日程のご相談をさせていただきます。


という感じで本日も超多忙なのですが、このまま終わるのもあれなので施工ネタをアップしておきます(笑)
と言ってもインスタでアップしているネタですが…(^_^;)


「お客からの無理難題シリーズ」

IMG_7266
ハイエースにハイパーアウターバッフル制作です!!

IMG_7277
京都からお越しの以前からご贔屓いただいているお客様です。
いつもありがとうございます。


ある時こんなご相談の電話が…

「今乗ってるハイエース、自分で頑張ってスピーカーつけたりしてるんやけど純正位置では限界あるのでドリンクホルダーがあるあたりにつけることできる?」

IMG_7282
ハイエースの純正スピーカー位置はドアの下のほうなので音が上に上がりにくくサウンド面ではかなり不利な位置です。
しかも内張内クリアランスが少ないのでスピーカーの選択肢も限られます。

位置的にはオーナー様が仰る様にドリンクホルダーあたりがベストなのですが、当然こんなところにスピーカーを取りつけられる構造にはなっていないのでつくわけがありませんね(^_^;)

オーナー様もそれを承知でいってるのですが、これこそが無理難題です(笑)

で、最初はお断りしていたのですが、たまたまですが十数年ほど前にこの部分にスピーカーを取り付けたことがあったので、「昔こんな感じでやったことあるけど…」とその当時のブログ記事を紹介したところ…

「これこれ!!これがええわ!!時間かかってもええからこれよろしく!!」

という経緯でハイエースに無理難題施工がスタート!!(笑)


あとは時間ないのでインスタの記事をご覧ください(笑)





続きはまたアップしますのでお楽しみに〜

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

エスティマにコスパ最高プラン施工。

本日はこちらのお車のご紹介です。

IMG_7174
エスティマです。

コスパ最高プランのご依頼です。

※ コスパ最高プランの詳しい内容はこちらをご覧ください。



取り付けるスピーカーはこちら

IMG_7176
DLS M6.2i


IMG_7177
ケンウッドナビです。

IMG_7178IMG_7180
内張り外します。

IMG_7181
純正スピーカー。


まずはスーパーデッドニング工程。

IMG_7184IMG_7185
ドア内部とインナーパネル側を汚れ落としと脱脂処理。


IMG_7186IMG_7187
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探って貼っていきます。

IMG_7188IMG_7189
全て貼り終えたらヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

IMG_7190IMG_7191
押さえ漏れの無いようにしっかりと全て押さえていきます。


IMG_7192IMG_7193
スピーカー裏背面にアクワイエ吸音材を貼ります。
剥がれにくいように耐熱ボンドを吹き付けておきます。

IMG_7196
スピーカー裏から出る音の反射音を防ぎます。
中低音域の音のボヤケが消える効果があります。

IMG_7194IMG_7195
ゴム質の制振材をサービスホールの大きさにカットしてサービスホールを塞ぎます。
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて密着性を高めます。


続いてインナーバッフルへの防水防振対策です。

IMG_7197IMG_7198
コスパ重視ですのでインナーバッフルは市販の物を使います。
MDF製の物を使いますが、ただ安いからという理由ではなくスピーカーからドアへ伝わりやすいからです。

スーパ―デッドニングはドア自体の余計な響きを消しつつ、音楽として心地よく感じるベース音の余韻が奏でるような響きにコントロールする施工法です。

その効果を発揮するためには大前提として「スピーカーの音が鳴る事によってドア自体が響いている事」が重要です。
その効果を十分に発揮できるインナーバッフルの素材がMDFなのです。

そのMDF製の市販インナーバッフルをそのまま使うのではなく、アライブサウンドのこだわりとしてひと手間加えます。

もとの色を剥がします。

IMG_7199IMG_7200
制振塗料「ダイポルギー」を塗り込んでいきます。
インナーバッフルの防水対策と余計な共振を防ぐ効果があります。
取り付けるスピーカー本来のクオリティーを発揮させるための重要な対策です。

IMG_7201
しっかり乾燥させて2度塗りします。

IMG_7215IMG_7216
ダイポルギー乾燥後、ドアに取付。

IMG_7217IMG_7218
ただ取り付けるだけではありません。
雨水があたる部分にコーキング材を塗って防水対策を施します。

IMG_7224
スピーカーを取り付けます。

IMG_7225
サービスホールを塞ぎます。

ここからスーパーデッドニング最終工程。

IMG_7236
実際に音楽を鳴らします。
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアに伝わります。
手を触れてその振動を感じ取りながら制振材を貼るポイントを探ります。

IMG_7237IMG_7238
最適な大きさの制振材を選んでポイント部分に貼り付けます。
そしてヘラでしっかりと押さえ付けます。

IMG_7239

この作業を繰り返していき・・・

IMG_7240
完成です!!


ちなみにツィーターはダッシュボード両端に取り付けました。

IMG_7251IMG_7250


最後にサウンドセッティング。

IMG_7252IMG_7253
IMG_7255IMG_7256
IMG_7257
と言ってもスーパーデッドニング効果で、全てOFFもしくはフラットでOK!!

IMG_7254
前後バランスのみベストな位置にセッティングしました。

以上ですべて完成です。
ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

今日から8月、お盆期間中の営業日のお知らせ。

みなさまこんにちは(^.^)

DSC01465

今日から8月です。
暑さもこれからという感じですね。

さてさてお盆期間中のアライブの営業ですが、毎度の事ながら無休です。
期間中の施工予約状況ですが、既に全ての日程が埋まっております。
また、8月中のご予約もいっぱいとなっております。

ありがとうございます。

現時点での施工ご予約可能な日程ですが、9月17日(日)〜となっております。
あくまでも現時点での状況ですので、お申し込み頂いたタイミングによっては予約が埋まっている場合もございますのでご了承ください。


という事で熱中症に気を付けて8月も頑張っていきましょう!!

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ジムニーシエラにアルパインシエラ専用ナビ、その他もろもろ取付しました。

IMG_6799
ジムニーシエラのご紹介。

IMG_6850
偶然ですがピット内にジムニーシエラが2台!!

今回は白色のシエラのご紹介です。

IMG_6802IMG_6804
こちらも納車ほやほやの新車です!!

ご依頼いただいた施工内容は…

IMG_6801
アルパインシエラ専用ナビ、バックカメラ、ETC、ドラレコ諸々一式の取り付けです。

まずは内装の取り外しから。

IMG_6805IMG_6806
一般的な乗用車よりもパネル類の取り外しはやりやすいですね。

IMG_6807
運転席、助手席も外したほうが広々して作業がしやすいです(笑)

IMG_6809IMG_6837
ドラレコリアカメラ。

IMG_6836IMG_6838
リアガラス廻りの内装パネルがないので配線処理をどうしようかと思っていましたが、コムテックのリアカメラのケーブルが細いので(抜け防止にテサテープを巻きました)ガラスとボディーの隙間に入りました。

IMG_6841IMG_6843
バックカメラ。
ジムニー専用キットがあるので取り付け後は純正クオリティーです。


IMG_6839IMG_6845
ナビ本体を取り付けて完成です!!


今回はナビ諸々のみの取り付けのご依頼でしたが、次回はスーパーデッドニングやスピーカー交換ですね(笑)

ありがとうございました。


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ジムニーシエラに6インチスピーカー(DLS RCS6.2i)取付と、アルパイン11インチフローティングナビ取付

本日はこちらのお車のご紹介。

IMG_6849
ジムニーシエラです。
ご新規のお客様です。

ご新規様ですが、てんこ盛り盛りの施工内容のご依頼です(笑)

IMG_6855
ちなみに納車ほやほやの新車で、オーディオレス。


まずはこちら…

IMG_6852
アルパイン11インチフローティングナビとデジタルインナーミラー、バックカメラ等々。

そしてスピーカー交換も…

IMG_6853
DLS RCS6.2i

ジムニーシエラの純正スピーカーは小さく、外枠は約13センチくらいの大きさです。

IMG_6858
しかしスピーカーユニット自体は約10センチほどしかありません。
内張側のクリアランスも厳しく、スピーカー裏には窓ガラスのレールが通っているのでマグネットが薄型のユニットをお勧めしています。

今回もその条件がそろった「DLS RCS5.2i」という5インチサイズのスピーカーユニットを取り付ける予定でした。

ところがいざ発注してみるとまさかの廃盤!!
仕方ないので他メーカーで同等クオリティーの5インチを検討したけどすべてマグネットが大きくて装着できそうにない(・_・;)

過去の施工画像等を見て検討に検討を重ねた結果…



同じユニットの6インチを取り付けることに決定!!


という事で内装の取り外しから。

IMG_6863
バックカメラやドラレコのリアカメラの取り付けもあるので車内はこんな状態(笑)

IMG_6864IMG_6866
一般的な乗用車みたいにガッツリと内張に覆われていないので比較的バラしやすいです。

IMG_6868IMG_6869
スピーカーケーブルの引き換えもあるのでシートも外します。

IMG_6871
外した部品たち(笑)

IMG_6879IMG_6880
デジタルインナーミラーとフロントカメラ。

IMG_7008IMG_7009
純正クオリティーです。

IMG_6873
リアカメラ。
型紙に合わせて貼り付けます。


IMG_6888IMG_6895
スピーカーケーブルワイヤリング作業。

パッシブネットワークを助手席下へ設置するのでナビ裏から助手席下、そこから各スピーカーへ引き回していきます。

IMG_6904
パッシブネットワーク取付完了

IMG_6905IMG_6906
専用設置ボードを制作して取り付けます。
今回はリアスピーカーがないので、オプションのバイアンプ用パッシブネットワークを追加してバイアンプシステムを構築しました。

ナビ側でツィーターとミッドそれぞれのゲインレベル調整が可能となり、車室内空間に応じたサウンドセッティングが可能となります。


次は今回のメイン施工となる「スーパーインナーバッフル」の製作へ。

とこのまま行きたいところですが、超多忙なのでまた次回のお楽しみ〜(笑)

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒651-2116
兵庫県神戸市西区南別府
4丁目38-2

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます