兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • スポットクーラー導入
    2021年07月18日ブログねた

    スポットクーラー導入しました!! 快適で仕事がはかどります。

    記事を読む

  • 本日7月13日(火)、臨時休業
    2021年07月13日お知らせ

    臨時休業のお知らせ

    記事を読む

  • ジムニーシエラ DLS M225 スピーカー交換&スーパーデッドニング&インナーバッフル制作
    2021年07月05日JIMNY SIERRAインナーバッフル

    ジムニーシエラ、スピーカー交換&スーパーデッドニング&インナーバッフル制作

    記事を読む

  • 本日(6月20日)と明日(6月21日)は臨時休業いたします。
    2021年06月20日お知らせ

    今日、明日は臨時休業いたします。

    記事を読む

  • MAZDA CX-8に、カロッツェリア TS-WX010A 取付
    2021年06月16日CX-8ウーファー取付

    CX-8にカロッツェリアのチューンナップウーファー取付

    記事を読む

  • ご無沙汰しております。
    2021年06月05日ブログねた

    インスタ&Facebookページのフォローよろしくお願いいたします。

    記事を読む

  • ゴールデンウィーク期間中の営業のお知らせ。
    2021年04月26日お知らせ

    ゴールデンウィーク期間中の営業のお知らせ。

    記事を読む

  • 「コスパ最高プラン」のデモカーが出来ました。
    2021年04月25日● コスパ最高プラン● モコ

    コスパ最高プランのデモカーが完成いたしました。

    記事を読む

スポットクーラー導入

梅雨明け後、猛暑が続くということなので、とうとうこれを導入しました!!

IMG_4572
スポットクーラー!!

約25年どんなに暑くてもこれには頼らないと、しょーもない意地を張ってきましたが・・・(笑)
温暖化の影響かどうかは定かではないですが、年々気温が上昇しているようでとうとう我慢できず甘えることにしました(笑)

単純に歳のせいかもしれないですけどね(^-^;

それよりなにより、汗だくの身体でお客様の車に乗り込むことがよろしくないですしね。


電気代とピット内電源の安定性を考慮して動力200Vタイプを選びました。
動力200Vにまだ余裕があったのでよかったです。

早速使ってみましたがめっちゃ快適です!!
しょーもない意地張ってないで早く導入してればよかったです(^-^;


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

本日7月13日(火)、臨時休業

◆◆◆ お知らせ ◆◆◆

本日、7月13日(火)は私用の為臨時休業させて頂きます。
明日14日(水)は定休日となります。

誠に勝手いたしますがよろしくお願いいたします。


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
 
---------------------------------------------------------------

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

カテゴリ

ジムニーシエラ DLS M225 スピーカー交換&スーパーデッドニング&インナーバッフル制作

またまたご無沙汰の更新です(^▽^;)

本日はこちらのお車が入庫しております。

DSC07553
ジムニーシエラです。

DSC07555
かっこよく決まってます!!

DSC07556
いいですねぇ〜
やはり足元変えると、一段とカッコよくなりますね。

ステージアもホイール変えたくなります(笑)
stagea


DSC07564
これもさりげなく渋い!!
ジムニーはパーツがたくさんあるから楽しいですね!!
その分お金はかかりますが・・・(^-^;


今回ご依頼いただいた内容は・・・

・スピーカー交換
・スーパーデッドニング
・インナーバッフル制作

です。


お勧めさせて頂いたスピーカーはこちら。

DSC07562DSC07563
DLS M225

ジムニーシエラの純正スピーカーは口径が小さいので敢えて5インチサイズをチョイスしました。

6インチも無理すれば取付できるかもしれませんが、純正スピーカーの口径が小さいので取り付けスペースも限られます。
限られたスペースに無理に6インチを取り付けても土台となるインナーバッフルが貧弱なリングバッフルとなってしまいます。



ちなみに、インナーバッフルはスピーカーを取り付ける為だけのスペーサーではありません。

インナーバッフルの材質や構造、固定方法次第でスピーカーユニットのクオリティーに大きく影響してきます。
クオリティーに影響するという事は出てくる音の良し悪しが変わるという事です。

6インチサイズの方が口径が大きく低音が鳴りやすいかもしれませんが、それは取り付け次第です。
特に低音域はスピーカーの固定方法で鳴り方が大きく変わります。

それだけインナーバッフルの構造や取付方法は重要なのです。

限られたスペースにスピーカーのクオリティーを十分に発揮できるインナーバッフルを製作するということを重視すれば、敢えて5インチサイズのユニットを選択するという事は必然ですね。

カーオーディオのスピーカー選びは「口径が大きいから低音がよく鳴る」という物の構造だけを見て判断するのではなく、スピーカーを取り付ける環境(状況)を見極めて選択する事が重要です。

「高価な物は良い音がする」といった物ありきの提案では良い音にはなりません。


安い物でもトータルのシステムバランスを考慮し、さらにそれらのユニットを活かす為の意味のある施工法を提案することで良い音を提供できるのです。

この様な提案が出来てこそサウンドのプロであり、本当の「カーオーディオ専門店」なのです!!




と、自画自賛はこのくらいにして(笑)、ジムニーシエラの話へ戻します。


DSC07557
アルパインのナビです。
画面がめちゃめちゃデカい!!

ステージアにもこのタイプを付けたかったのですが、なんせ車が古すぎてこういった最新の物が適応できないんです(涙)

うらやましい〜


DSC07558DSC07565
内張り外します。

DSC07566DSC07567
純正スピーカーです。
ちっちゃいですねぇ〜

DSC07569
スピーカーを外すと中の穴はさらに小さいです。

ここに無理やり6インチを取り付けてもスピーカー裏側の穴が小さいので背圧の抜けが悪く、十分なクオリティーが発揮できそうにない、という事は一般の方はわからないかもしれませんがサウンドのプロ(カーオーディオ専門店)であれば一目瞭然ですね。


という感じでしばらくのお預りで進めてまいります。


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

本日(6月20日)と明日(6月21日)は臨時休業いたします。

おはようございます!

本日6月20日(日)と明日21日(月)は誠に勝手ながら臨時休業させて頂きます。

本日は全くの私用ですが、久々にスタジオ入りしてギターを弾きます(^^♪

DSC07296

私用とは言うものの、これも音つくりのスキルアップの為・・・、とこじつけておきます(笑)


明日は以前から定期的に通っている目の病院の定期検査です。

IMG_0110IMG_0112


誠に勝手いたしますがよろしくお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

カテゴリ

MAZDA CX-8に、カロッツェリア TS-WX010A 取付

DSC07127

MAZDA CX-8に、カロッツェリアの小型チューンナップウーファー「TS-WX010A」を取り付けました。


DSC07133DSC07136

専用の設置ボードを製作して助手席足元へ設置。

DSC07139DSC07152

ウーファー本来の役割とクオリティーを発揮させるためには、この専用の設置ボードが重要となります。


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ご無沙汰しております。

みなさま、こんにちは(^O^)

めちゃめちゃ久々の更新です(汗)

相変わらずの超多忙で気付けば6月・・・
ええかげんブログ更新しないと、、、と振り返ってみると・・・

なんと!!
5月は更新ゼロじゃないですか!!

さぼりすぎ〜、というか日々の更新はインスタでアップしてるので、まさか5月が更新ゼロとは驚きです(^▽^;)

という事で出来るだけブログも更新しますが、最新情報などはインスタ&フェイスブックページの方でチェック&フォローお願いいたしますm(__)m

・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

カテゴリ
タグ

ゴールデンウィーク期間中の営業のお知らせ。


4月29日(木祝)〜5月5日(水祝)
のゴールデンウィーク期間中は
無休で営業いたします。

IMG_9737

施工ご予約お待ちいたしております。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

「コスパ最高プラン」のデモカーが出来ました。

ここ最近ブレイク中のアライブおすすめスピーカー交換メニュー「コスパ最高プラン」の試聴デモカーが出来ました!!

車はこちら・・・

DSC06075DSC06076
日産モコです。

内容はコストパフォーマンス最高のスピーカーユニットとスーパーデッドニングをセットにしたプランです。


セットするお勧めのスピーカーユニットがこちら。

DSC06081
スウェーデンのスピーカーメーカー「DLS」のエントリーモデル「M6.2i」です。



DSC06088
インナーバッフルはコスパを重視して市販の物を使用します。
ただしこれをそのまま使用するのではなくアライブ独自の「スピーカーを活かす」為の細工を施します。


DSC06117
まず元の塗装を全て剥ぎ取ります。

DSC06118
つづいて制振塗料「ダイポルギー」を塗り込みます。

DSC06119DSC06120
何回かに分けてしっかりと塗り込んでいきます。
そして乾燥します。

DSC06130
ダイポルギーを浸透させることによりバッフルボード自体の防水効果と、余計な共振を防ぐ効果があります。
その効果によりスピーカーユニットのクオリティーをより良く引き出す事が出来ます。


ここで一旦インナーバッフルの施工はおいときまして、スーパーデッドニングの施工へ。


DSC06077DSC06082
内張り外します。

DSC06083DSC06087
純正スピーカーです。
モコは日産ですが車体自体はスズキなので純正スピーカーもスズキと同じものです。

そしてビニールを外しますがスズキのビニールを固定してあるブチルがなかなかの曲者で、そう簡単に除去できません(汗)

DSC06091
それなりの時間はかかりましたが綺麗に除去できました。

DSC06089DSC06090
そしてドア内部を丁寧に脱脂処理。
この様な地味な下地処理は非常に重要で、プロとして職人として絶対に手を抜けないところですね。

脱脂処理が出来たら、まずアウターパネルの響きを制振材を利用してコントロールしていきます。


ちなみにスーパ―デッドニングは制振材を闇雲に貼り付けてドアの響きを殺してしまうのではなく、心地よく感じる響きになるようにコントロールするアライブ独自のデッドニング施工法です。

ドアをスピーカーボックスとして利用するのが基本的なデッドニングの考え方ですが、アライブのスーパ―デッドニングは違います。

ドアは薄い鉄板で出来ているのでちょっとした振動でも共振しやすく、指先で軽くたたくだけでも「ビンビン」と鉄板特有の響きが発生してしまいます。

そんな共振しやすいドアにスピーカーが装着されているのです。

ホームオーディオ等の一般的なスピーカーで、車のドアのようなペラペラの鉄板で出来たスピーカーボックスに装着されている物って存在しますか?

まずあり得ませんね。
なぜなら「絶対に良い音にはならない」からです。

スピーカーから音が鳴ると振動が発生してペラペラの鉄板のドアに伝わります。
ペラペラの鉄板ですので共振しまくり、その響きがスピーカーから出るべき本来の音の邪魔をするのです。

こんな状態のドアは通常のスピーカーボックスとは根本的な部分が違いますね。
ですので車のスピーカーではスピーカーボックスの理論が通用しません。

ではどうすれば良いのか?

響きで音が鳴る物と言えば・・・

「楽器」です。

楽器は基本的に楽器本体の響で音を発生させています。
しかもただ闇雲に響かせているのではなく、良い音色が出る響きになるような形や構造で成り立っています。

その事から車のドアはどちらかというと楽器ボディーに近いのでは?
と、ある時気付いたのです。

そう気付いた背景には僕自身、長年ギターを趣味として弾いているからだと思います。
ギターは弦を弾いて振動を発生させてその振動がギターのボディーに伝わり音色を出す構造です。
ギターを弾いているときは常にギター本体の響きが身体に伝わってきます。
チューニングがバッチリ合っていい音色が出ているときは身体に伝わる響きも自然に心地よく感じます。

そんな感覚が自然に身についていたのだと思います。

その気づきから「車のスピーカーは音楽を鳴らす楽器」という考え方をもとにドア本体を楽器のボディーに見立て、余計な響きは消しつつ音楽が心地良く鳴る様な響きにコントロールするという独自の施工法を考案したのです。

それが「スーパーデッドニング」です!!


おっと、ついつい熱く語ってしまいました(笑)

では施工内容に戻ります。
アウターパネルをドア内部からコンコンと叩きながらドアの響きを感じ取り、制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC06094DSC06093
最初は大まかに貼っていきますがある程度貼り付けた後は更に制振材を細かくカットしながら響きを微調整していきます。

DSC06095DSC06096
貼り付けた後、ヘラでしっかりと全ての制振材を押さえ付けていきます。

DSC06098DSC06099
こんな感じで押さえ漏れの無いように確実に。

DSC06100DSC06101
軽自動車はドアの厚みが薄いので手が入りにくく押さえるのも一苦労です。
この工程が一番大変で、押さえ終わったころには手の甲や腕が傷だらけになってます(汗)


続いてスピーカーの背面に吸音材を貼り付けます。

DSC06108DSC06109
スピーカー裏から出る音がアウターパネルにあたって反射して出る音に干渉して悪影響を及ぼします。
聴感上では中低音域がぼやけた感じになります。

それ(反射音)を防ぐためにこの吸音材を貼り付けます。


次にサービスホールを塞ぎます。

DSC06112
ゴム質の制振材をサービスホールの大きさにカットします。

DSC06110
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化して制振材が剥がれにくくします。

DSC06113
ヒートガンで温めながら太鼓の革を張る様な感じでしっかりと貼り付けていきます。

DSC06114DSC06115
各ケーブル類を上手く逃がして貼り付けます。
このケーブル類が以外と面倒で、ケーブルの取り廻しをよく考えないとうまく塞げません。


つづいてインナーバッフルを取り付けます。

DSC06131DSC06132
インナーバッフルの内側はドア内部からの雨水が伝わってくる可能性があります。
(ドア内部はもともとそういう構造になっています)

インナーバッフル自体にはダイポルギーを浸透させているので防水対策にはなっていますが、念には念をという事でコーキング材を内側に塗り込んで更に防水対策を施します。

DSC06133
コーキングを乾燥させます。


その間にネットワークの接続を行います。

DSC06127DSC06128
キックパネルを外してドアスピーカー側へ接続されているスピーカーケーブルを探ってカットします。
2極カプラーのオスメスをそれぞれ取り付けます。

DSC06129
ここにM6.2iスピーカーに付属のネットワークを割り込ませます。
ちなみにこのカプラーを接続すれば純正配線に戻るようになっています。

DSC06135DSC06136
ツィーターへのスピーカーケーブルは別途新たに引き込みます。
それぞれカプラー式にして純正戻しが容易に出来るようにしておきます。

DSC06137DSC06139
ツィーターは純正ツィーターがもともとある場合は基本的に純正位置へ取り付けます。
このモコにも純正ツィーターがあったのですが、純正ツィーターが付いているグリルがあまりにも小さすぎてM6.2iのツィーターの固定が出来ませんでしたのでツィーターレスのカバーに取り付けました。


DSC06121DSC06122
純正スピーカーのカプラーは純正に戻せるようにカットせずに残しておきます。
M6.2iへのスピーカーケーブルを途中から分岐させて接続。

DSC06123DSC06124
半田で確実に接続します。

DSC06141
スピーカーを取り付けます。


ここからスーパーデッドニング最終工程に突入です。

DSC06154
エンジンをかけて実際に音楽を鳴らします。
(生音のベース音がしっかりと鳴る決まった曲を鳴らします)

DSC06156
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルへ伝わります。
インナーパネルに手を触れて響きを感じ取ります。

感覚としてはまずは響きの強い所から探っていく感じです。

DSC06157DSC06158
敢えて適当な大きさにカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んで探り当てたポイント部分に貼り付けます。

DSC06159DSC06160
貼り付けた後、ヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC06161
次のポイントを探ります。

これを繰り返していき・・・

DSC06162
完成です!!

インナーパネルはスピーカーからの振動が直接伝わります。
実はこのインナーパネルの響きがスピーカーの音を悪くしている一番の原因の部分です。

純正スピーカーの状態でボリュームを上げていくと音が歪んだ(割れた)ようになり、ボーカルや各楽器の音それぞれがぐちゃっと潰れたようになり、ただただうるさい音になっていませんか?

その時に皆さんは「やっぱり純正スピーカーはダメだ」と思うでしょう。
そして、いの一番に「スピーカー変えないと」となりますね。

しかしスピーカーを変えても音は変わりますがボリュームを上げた時の「音が歪んでただただうるさい」という現象は改善されません。

なぜならその原因は純正スピーカーではなくドアのインナーパネルの響だからです。

スピーカーのボリュームを上げると響きが直で伝わるインナーパネルの響きも大きくなります。
しかも薄い鉄板なので部分的には増強して響きまくります。
その響きが音を歪ませているのです。
簡単に言えば余計な雑音がスピーカーの周りから出まくっている状態なのです。

スピーカーを良い物に交換してもその部分は改善されるはずがありませんよね。
逆に言えばそこを改善せずに高価なスピーカーに交換しても、その高価なスピーカーのクオリティーが発揮できないという事になります。

ではそのインナーパネルの響きを止めてしまえばいいのでは?
確かにそうなのですが完全に止めるにはさらに鉄板を分厚くするなど相当強化をしないと止まりません。
制振材をガッチガチに貼るくらいでは止まりません。

それ以前にそんな事をしてしまうとドア自体がかなり重たくなりますし、ドアとしての機能が損なわれてしまい、車で音楽を良い音で聴く以前の問題になってしまいますね。


しかしスーパ―デッドニングの場合はドアを楽器のボディーとしてその響きを利用し、スピーカーの音がより良くなるような響きにコントロールしているのでそんな心配は一切無用です。

逆に純正スピーカーの状態でもスーパーデッドニングのみの施工で激変します。
それは今まで何百台と施工してきた実績から証明できます。

ですのでスピーカー交換をするにしても、音を悪くしている最大の原因であるドアの響きを改善する事が先決かつ重要という事なのです。



長々となりましたが、以上が「コスパ最高プラン」デモカーのご紹介です。

注意事項としてですが、

◆ 基本的にこのプランは市販のインナーバッフル(MDF製)の設定がある車種のみ対応となっております。
◆ 設定がない車種は別料金となりますが、別途インナーバッフルを製作いたします。
◆ 純正スピーカー取付位置や構成が特殊な車種は適応外となります。

ご不明な点はお問い合わせください。


今回はメインのフロントのみ施工しましたが、次はリアの施工も行う予定です。
また出来次第ご紹介いたします。

乞うご期待!!


このモコの試聴ですが事前に試聴希望のご予約をお願いいたします。
代車でも使う場合があります。
突然来られても車がない場合がございますので必ず事前にご予約をお願いいたします。

下のお申し込みフォーム備考欄に「モコ試聴希望」と記載してお申し込みくださいませ。
お見積りや施工ご予約のご依頼もこちらのフォームからお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒651-2116
兵庫県神戸市西区南別府
4丁目38-2

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます