兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • 滋賀県よりお越しのキャラバンに、スーパーデッドニング施工です。
    2023年05月12日● スーパーデッドニングNV350キャラバン

    滋賀県よりお越しのキャラバンの純正スピーカーにスーパーデッドニング施工です。

    記事を読む

  • ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせ
    2023年04月30日お知らせ

    ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせ

    記事を読む

  • 広島県よりお越しのヤリスクロスに、スーパーデッドニング施工です。
    2023年04月16日◆ 県外からのお客様ヤリスクロス

    広島県よりお越しのヤリスクロスにスーパーデッドニング施工です。

    記事を読む

  • X-TRAILにBLAMミッドレンジ取付、スーパーインナーバッフル制作とスーパーチューニング施工です。
    2023年03月10日エクストレイル◆スーパーインナーバッフル製作工程公開

    エクストレイルにBLAMスピーカー交換、スーパーインナーバッフル制作とスーパーチューニング施工

    記事を読む

  • 地域情報誌「maruhari(まるはり)」に掲載されました!!
    2023年02月27日ブログねたまるはり

    地域情報誌「maruhari(まるはり)」に掲載されました!!

    記事を読む

NDロードスター 純正BOSEスピーカーにスーパーデッドニング施工です。

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_0109
NDロードスターです。

DSC_0111DSC_0118
美しい!!


DSC_0115DSC_0114
オーディオは純正BOSEシステムです。

スーパ―デッドニングのご依頼です。




DSC_0122DSC_0123
BOSEスピーカー。

DSC_0131DSC_0133
ドア内部を丁寧に脱脂処理。


DSC_0134DSC_0135
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC_0136DSC_0138
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC_0142DSC_0144
押さえ漏れの無いようにしっかりと押さえていきます。

DSC_0145DSC_0146
助手席側も同様に施工していきます。


DSC_0148DSC_0149
スピーカー裏の背圧があたる面に吸音材を貼って余計な反射音を防ぎます。


DSC_0151
スピーカーと樹脂パネルを元に戻し、ここから実際に音楽を鳴らします。

DSC_0152DSC_0153
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わります。
手をインナーパネル触れて響きを感じ取りながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC_0154DSC_0155
貼った後にヘラでしっかりと押さえ付けます。

この作業を繰り返してインナーパネルの響きをコントロールします。

そして・・・

DSC_0157
完成です!!

DSC_0163
サウンド調整はスーパーデッドニング効果でフラットがベストです。

ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

滋賀県よりお越しのキャラバンに、スーパーデッドニング施工です。

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_0490
キャラバンです。

DSC_0492
滋賀県からお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

スーパーデッドニング施工のご依頼です。




DSC_0494
オーディオは純正です。

DSC_0493DSC_0495
スピーカーも純正です。

DSC_0501
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC_0504DSC_0505
写真撮ってませんが(汗)、アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら響きを感じ取って制振材を貼り付けるポイントを探ります。

貼った後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。
写真は押さえた後です。

DSC_0507DSC_0509
助手席側も同様に施工していきます。


DSC_0510DSC_0511
スピーカー背面に吸音材を貼ります。
勝手に剥がれないように耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化してから貼り付けます。

DSC_0516
貼りました。
スピーカー裏から出る音の余計な反射音を防ぐ役割があります。
中低音域の音のボヤケが消えて音抜けがよくなります。


DSC_0515
ゴム質の制振材をサービスホールの大きさにカットします。

DSC_0512
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC_0519
サービスホールを塞ぎ、スピーカーを取り付けます。

ここから実際に音楽を鳴らしてインナーパネルの響きをコントロールしていきます。
スーパ―デッドニングの最終工程です。

インナーパネルに手を触れて響きを感じ取りながら制振材を貼っていくのですが、またまた写真を撮っていませんでした(^▽^;)

なのでこの工程の様子は以下のレガシィアウトバックの記事をご参照ください。




そして・・・

DSC_0520
完成です!!(笑)

DSC_0523
助手席側も同様に施工していき、完成です。

DSC_0526
ナビのサウンドセッティングはスーパーデッドニング効果で全てフラットでOKです。

以上ですべて完成です。
ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

スーパーデッドニングの価格は66,000円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング 

岡山県よりお越しのレガシィアウトバックに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工です。

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_0291
レガシィアウトバックです。

DSC_0293
岡山県よりお越し頂きました。
ここ最近は県外からのお客様続きですね。
遠路遥々ありがとうございます。

ご依頼いただいた施工内容はアライブおすすめ定番メニューの「スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工」です。

※ スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工についてはこちらをご覧ください。



DSC_0295DSC_0301
オーディオは純正ハーマンカードンサウンドシステムです。


DSC_0294DSC_0303
フロントドア内張り外します。

DSC_0305DSC_0306
スピーカーも一旦外します。


DSC_0298DSC_0311
リアドア内張り外します。

DSC_0315DSC_0316
リアスピーカー。


DSC_0310DSC_0328
ドア内部を丁寧に脱脂処理。
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC_0329DSC_0330
敢えて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC_0331DSC_0332
全て貼り終えたらヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC_0334DSC_0336
押さえもれの無いようにしっかりと。

DSC_0340DSC_0341
リアドアも同様に施工していきます。


DSC_0346
スピーカー裏の背圧があたる面に吸音材を貼り付けて余計な反射音を防ぎます。

DSC_0347DSC_0348
剥がれ防止として耐熱ボンドを貼り付ける面に吹き付けます。

DSC_0349DSC_0350
貼りました。


DSC_0351DSC_0352
サービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC_0353DSC_0354
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。


ボンドを乾燥させている間にダッシュ上のスコーカー&ツィーター部分の施工。

DSC_0321DSC_0323
スピーカーを取り外します。

DSC_0327DSC_0324
ちょっとわかりにくいですがスピーカーを外した内部はがらんどう状態です。
このままだと音がぼやけてしまうので吸音材を装着してプチチューニングを施します。

DSC_0356DSC_0357
シンサレート吸音材をスピーカー下部を包み込むような感じで装着。


そうこうしている間にボンドが乾いたのでドアの続きを。

DSC_0358DSC_0360
ゴム質の制振材にヒートガンをあてて伸ばしながら貼り付けてサービスホールを塞ぎます。

スピーカーを元に戻してここから実際に音楽を鳴らします。

DSC_0364
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わります。
このインナーパネルの余計な響きが音を歪ませる原因です。

スーパ―デッドニングではこの響きを整えていき、ボリュームを上げても音が歪まない良い響きに変えていきます。

スピーカーを良い物に交換してもこのインナーパネルの余計な響きは改善されません。

「純正スピーカーは音が悪い!!」と決めつける前に・・・
カーオーディオの音を良くするためには、まずは音を悪くしている原因を改善する事が重要かつ先決です。

インナーパネルに手を触れて響きを感じ取りながら制振材を貼るポイントを探ります。
まずは響きの強いスピーカー周りから攻めていくような感じです。

DSC_0365DSC_0366
最適な大きさの制振材を選んでポイント部分に貼り付けます。
すぐにヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC_0367DSC_0368
そして次のポイントを探ります。

これを繰り返していき・・・

DSC_0370
完成です!!

DSC_0373
リアドアも同様に施工して完成です。

DSC_0382DSC_0383
最後に前後バランス調整。
このハーマンカードンシステムのようなシステムは、全てのスピーカーをトータルで鳴らしてこそのシステムですので、前後バランスはセンター位置となります。

トーンバランスはスーパーデッドニング効果でフラットでOKとなります。


以上ですべて完成です。
ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせ

昨日よりゴールデンウィーク突入しておりますが・・・(^-^;
ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせです。


5月1日(月)は、定期的に行っている眼の病院の定期健診日ですので終日お休みさせて頂きます。

IMG_0110IMG_0112



5月2日(火)は、病院続きですが午前中に歯医者の予定があります(^▽^;)
ですので午後からの開店となります。

5月3日(水)〜7日(日)は通常営業です。
ただし施工予約は全て埋まっておりますので、施工ご希望の方は5月8日以降で日程のご相談をさせて頂きます。


よろしくお願いいたします。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

広島県よりお越しのヤリスクロスに、スーパーデッドニング施工です。

本日はこちらのお車のご紹介。

DSC_0167
ヤリスクロスです。
この色間近で初めて見ましたが、めちゃめちゃきれいです!!
一見派手に見えますが、見れば見るほど渋さが湧き出てくるカラーです。

そしてなんと!!

DSC_0169
広島県呉市よりお越しいただきました!!
遠路遥々ありがとうございます。

しかも約7年前にプリウスαでスーパーデッドニングの施工をさせていただいたリピーター様です。


一度スーパーデッドニング効果を体感すると癖になるようで、「プリウスの時の感動のサウンドが忘れられずまた来ました(笑)」と、ありがたいお言葉を頂きました。

感謝感謝でございます。


ということで、今回もフロントドアのスーパーデッドニングのご依頼です。

DSC_0173
オーディオは純正です。


DSC_0170DSC_0174
スピーカーも純正。


DSC_0178
まずはドア内部を丁寧に脱脂処理。
車が新しいので汚れはほとんどありません。


DSC_0184
途中の写真撮り忘れましたが(汗)、アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼るポイントを探って貼っていきます。

DSC_0185DSC_0186
すべて貼り終えた後、ヘラでしっかりと押さえていきます。


DSC_0187DSC_0188
押さえもれの無い様にしっかりと!!

DSC_0189
この地道な作業が結構時間かかります。
手が届きにくい狭いところなんかは体制を変えながら体全体を使って押さえていきます(笑)
ヨガをしているみたいです(笑)


DSC_0194DSC_0195
スピーカー裏側からの音が当たる面に吸音材を貼り付けます。
耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化しておきます。

DSC_0196
余計な反射音を防ぐことにより中低音域の音のぼやけを解消します。


DSC_0197DSC_0198
純正スピーカーと樹脂パネルを元に戻します。
そしてここから実際に音楽を鳴らします。
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わって共鳴します。

このインナーパネルの共鳴がスピーカー本来の音を悪くしている最大の原因です。
スーパーデッドニングはこのドアの共鳴を逆に利用して響きをコントロールし、スピーカー本来のサウンドをよみがえらせる施工法です。

楽器のチューニングをしているような感覚です。
ですので一般的なデッドニングとは根本的な考え方が違います。


インナーパネルに手を触れながら振動を感じ取り、制振材を貼るポイントを探ります。

DSC_0199DSC_0200
あえて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさのものを選んで、ポイント部分に貼り付けます。
そしてすぐさまヘラでしっかりと押さえていきます。

DSC_0201DSC_0202
押さえ終えると次のポイントを探って同様の動作を繰り返していきます。


DSC_0203
そして完成です!!


DSC_0213DSC_0214
最後にサウンド調整。
と言ってもスーパーデッドニング効果でフラットでOK!!

前後バランス調整でリアを少し鳴らして中低音域の音の厚みと車室内の臨場感を作ります。
できればリアデッドニングもお勧めしたいところですね。

以上ですべて完成です。
これからもアライブサウンドを末永くよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

スーパーデッドニングの価格は66,000円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ヴェゼル(RV5)に、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工です。

皆様ご無沙汰しております。
相変わらずの超多忙でまたまたブログ更新がおろそかになっております(^▽^;)

あまり放置してると忘れ去られてしまいますので、本日はこちらのお車のご紹介。

DSC_3879
ホンダ・ヴェゼル(RV5)です。
こちらのお車はお初の施工となります。

オーナー様もご新規様です。
ありがとうございます。

ご依頼いただいた施工内容はアライブ人気メニューの「スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工」です。




DSC_3881DSC_3882
オーディオは純正プレミアムオーディオです。

DSC_3886DSC_3887
リアスピーカーもセパレートタイプ。

DSC_3884
センタースピーカー。

写真は撮っていませんが、ラゲッジルームサイドにウーファーが埋め込まれています。


DSC_3890DSC_3891
フロントスピーカー。

DSC_3892DSC_3893
リアスピーカー。

DSC_3902DSC_3904
フロントとリアスピーカーはユニット自体は同じものですが、枠の高さが違っています。
右側がリアです。

DSC_3907DSC_3910
ビニールを外してドア内部とインナーパネル部分を丁寧に脱脂処理。

DSC_3915DSC_3916
まずはアウターパネルの響きをコントロールします。
指先でアウターパネル裏をコンコンと叩き、響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探り貼っていきます。

貼り終えるとヘラでしっかりと押さえつけていきます。

DSC_3919DSC_3920
押さえもれの無い様にすべての制振材を押さえつけていきます。

DSC_3923
リアドアも施工工程は同じです。

DSC_3936DSC_3937
スピーカー裏から出る音が当たる面に吸音材を貼り付けて余計な反射音を防ぎます。
この効果で中低音域の音のぼやけが消えて音抜けがよくなります。


DSC_3941DSC_3944
ゴム質の制振材をサービスホールの大きさにカットしてサービスホールをふさぎます。
サービスホールの淵に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC_3945DSC_3948
リアドアも同様に施工します。

スピーカーを取り付けてここから実際に音楽を鳴らします。

DSC_3952
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わっていきます。
手を触れるとかなり響いているのが感じ取れます。


実はこのインナーパネルの響きがスピーカーの音を悪くしている(歪ませている)一番の原因です。

ボリュームを上げれば上げるほどスピーカーの振幅が大きくなり、それにつれてインナーパネルに伝わる響きも大きくなります。

走行中にロードノイズ等の音がうるさいのでボリュームを上げることがあると思いますが、ボリュームを上げれば上げるほど音がつぶれたようになって、ただただうるさいだけの音に感じるかと思います。

これが純正スピーカーだと「やっぱり純正スピーカーはすぐに音が割れて駄目だ!!」と思いますね。
で、スピーカー交換しようとなるわけですが、これがオーディオ沼にはまる第一歩なのです。


確かに純正スピーカーは安価な物ではありますが、ボリュームを上げた時の音割れは純正スピーカーが原因ではありません。

スピーカーから伝わるドアのインナーパネルの響きが原因なのです。

スーパーデッドニングはその余計な響きを改善して良い響きにコントロールする施工法です。
ですので制振材を貼り付けるポイントはその都度手で響きを感じ取りながら施工していきます。
やみくもに制振材を貼りまくるデッドニングとは根本の考え方が違います。

アライブの考え方としてですが、響きを利用して良い音色を出すものとしては「楽器」がそうですね。

スーパーデッドニングはドアを楽器のボディーと見立てて、スピーカー本来のサウンドが出る様な響きにコントロールしています。

ピアノの調律やギターのチューニング、ドラムの各太鼓のチューニングをしているような感じです。


では施工工程のほうへ戻ります。

DSC_3953DSC_3954
貼り付けるポイントが決まれば、あえて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさのものを選んで貼り付けます。

貼った後、ヘラでしっかりと押さえつけます。

そして次のポイントを探りこの作業を繰り返していきます。


DSC_3957DSC_3958
これで完成です!!

DSC_3960DSC_3961
リアドアも同様に施工していき完成です。

DSC_3966
最後にサウンド調整。
といってもスーパーデッドニング効果で余計な調整は必要なく、オールフラットでOKです!!

DSC_3967
このシステムの場合の前後バランスはセンターがベストでした。

以上ですべて完成です。

ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

X-TRAILにBLAMミッドレンジ取付、スーパーインナーバッフル制作とスーパーチューニング施工です。

本日はこちらのお車です。

DSC_3106
エクストレイルです。

こちらのオーナー様は以前にスーパーデッドニング施工に始まり、後にフランスのスピーカーメーカー「BLAM(ブラム)」のツィーターをAピラーに埋込加工とモスコニDSPアンプの取り付けをさせていただきました。

DSC_1991DSC_1993

その当時の施工は全く紹介してなかったのでさらっとご紹介(笑)

DSC_2027DSC_2028
ツィーターを埋め込むためのベースリングを制作。
最適な位置角度にベースリングをAピラーに仮固定。

DSC_2032DSC_2033
ダッシュボード上に自然に音が広がるように、左右は微妙に角度を変えています。
そしてパテ成型。

DSC_2035DSC_2036
削っては盛りを繰り返して自然な形状を作っていきます。

DSC_2040DSC_2041
形が整ったら制振塗料ダイポルギーを塗り込んでピラー自体の共振を防ぎます。

DSC_2044
しっかりと乾燥させます。

DSC_2046
表面の凹凸を削ります。

DSC_2047DSC_2048
耐熱ボンドを吹き付けてしばらく乾燥後、生地を貼っていきます。

DSC_2050DSC_2051
ツィーターを取り付け。

DSC_2053
ピラー裏にはシンサレート吸音材を装着。

DSC_2084DSC_2086
車体に取り付けてピラー埋込加工の完成です。

DSC_2055DSC_2059
純正ナビを取り外してモスコニアンプへスピーカーケーブルを通していきます。

DSC_2061DSC_2064
結線したところはすべて半田付けします。
容易に純正に戻せるようにカプラー式にしておきます。

DSC_2082DSC_2087
助手席下にモスコニDSPアンプを設置します。
各スピーカーケーブルを引き込んでいます。

DSC_2089DSC_2090
専用ボードを制作して取付。

DSC_2093
パソコンをつないで各ゲイン調整とクロスオーバーセッティングして完成です。


さらっと紹介が普通にがっつりと紹介となりました(^-^;

なので今回の施工はインスタでご紹介(笑)



ではまた〜

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

地域情報誌「maruhari(まるはり)」に掲載されました!!

久々に「maruhari(まるはり)」に掲載されました!!

DSC_2977

と言っても、取材とかではなく広告ですが・・・(^-^;

DSC_2976DSC_2975

グルメ情報や穴場の観光スポット等々、ほかにもいろいろな情報が載ってます。
「温泉入浴パス」も付いてますよ(^O^)



是非、お買い求めください(笑)

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒651-2116
兵庫県神戸市西区南別府
4丁目38-2

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます