兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • スイフトスポーツ mosconiパワーアンプ取付とウーファーボックス制作
    2020年12月31日スイフト・スポーツウーファー取付

    スイフトスポーツに、モスコニパワーアンプ取付とウーファーボックス制作。

    記事を読む

  • ヤリス DLS M226 + スーパーデッドニング施工
    2020年12月28日ヤリス● コスパ最高プラン

    トヨタ・ヤリスにDLS M226スピーカー交換とスーパーデッドニング施工です。

    記事を読む

  • クリスマスプレゼント
    2020年12月25日ブログねた

    クリスマスプレゼント

    記事を読む

  • AUDI TT Roadster : DLS M6.2i + スーパーデッドニング
    2020年12月23日● コスパ最高プランTT

    アウディTTロードスターに、DLS M6.2iスピーカー交換とスーパーデッドニング施工です。 インナーバッフルも制作。

    記事を読む

  • コペン Cero - DLS M6.2i & スーパーデッドニング
    2020年12月14日● コスパ最高プランCopen Cero

    コペンCero、DLS M6.2iスピーカー交換とスーパーデッドニング施工

    記事を読む

  • DLSスピーカーだらけ(笑)
    2020年12月07日ブログねたお知らせ

    DLSスピーカーのご注文をたくさんいただいております。 12月の施工ご予約はすでにいっぱいとなっております。

    記事を読む

  • スイフトスポーツ・DLS RCS6.2i スピーカー交換とツィーターAピラー埋込加工。
    2020年12月04日スイフト・スポーツスピーカー交換

    スイフトスポーツにDLS RCS6.2iスピーカー交換とツィーターピラー埋込加工のご紹介です。

    記事を読む

スイフトスポーツ mosconiパワーアンプ取付とウーファーボックス制作

2020年最後のお車はこちら。

DSC03993
スイフトスポーツです。

こちらのオーナー様は、純正スピーカーにスーパーデッドニング施工から始まり、今まで幾度となくグレードアップされている常連様です。




















計画的に着々とグレードアップされていて、今回は目標システムのいよいよ最終章です!!


DSC04000
モスコニパワーアンプ取付とウーファー取付です。

DSC04003
フロントスピーカー用アンプ
mosconi AS100.4

DSC04004
ウーファー用アンプ
mosconi AS100.2

DSC04006DSC04008
ウーファー
GLADEN RS-X8
これはウーファーユニットですので、専用ウーファーボックスを製作して鳴らします。

DSC04005
キャパシター
BA labo BE-101Q's

以上のユニットを取り付けます。


まずはウーファーボックス制作。

DSC03995
ここへウーファーボックスを設置します。

DSC03996
この下にモスコニアンプとキャパシターを取り付けます。
以前取付済みのアゼストのアンプは取り外します。

DSC04010
配置をシミュレーション。
意外とこの工程が時間かかります。

DSC04011
ベストなウーファーボックスの容量で制作していきます。

DSC04012
ボックス内部にはダイポルギーを塗り込みます。


DSC04013
ダイポルギーを乾燥させている間にアンプの配置を考えます。


DSC04014
ボックスのベースが完成。

DSC04020
レザーを貼り付けて完成。

DSC04022
ちなみにウーファーの下には4本の足を出して点で設置するようにしています。

インシュレーター効果です。



DSC04015
ラゲッジのカバーにウーファー設置ボードを製作して固定。

ウーファーはしっかりとした土台(ベースボード)の上に、確実に設置(インシュレーター必須)しないとウーファーとしての役割が発揮できません。

カーオーディオのウーファー取り付けでは(特にチューンナップウーファー)、カーペットの上に直置きしている場合がほとんどです。

柔らかいカーペットの上にベタ置きではウーファー本来の肝心な低音域が吸収されてしまい、無意味なぼやけた低音が出るだけです。

それではただ不快な低音を追加しただけでフ―ファーを取り付けた意味がありませんね。


ウーファーに限らずカーオーディオは「良い音を聞くため」に取付(交換)する商品であって装飾品ではありません。

取り付けて音が鳴ればOKではダメなのです。

その物を活かす為の意味のある施工を施し、音楽を鳴らし、その音楽を聴いて感動を感じてこそカーオーディオなのです。



DSC04028DSC04030
アンプボード。

DSC04032
設置、結線完成。

DSC04035
正常に鳴るかサウンドチェック。
しばらくこの状態でエージング。

DSC04036DSC04037
ウーファーの音がある程度こなれたころに、ウーファーボックス内をチューニング。

DSC04038
更にもう少し鳴らし込んでアンプのゲイン調整とヘッドユニットのクロスオーバーセッティング。

ちなみにヘッドユニットはこれ。

DSC03998
DEH-P01
これでフロント2ウェイマルチ+サブウーファーのシステムをセッティングします。

アライブサウンドは各施工法で基礎となる音つくりを行っているので、音源の音色を崩すようなタイムアライメントやEQは使用しません(使用する必要がありません)。

クロスオーバーとアンプのゲイン調整でセッティングを行います。


DSC04039DSC04040
ウーファー表面にはグリルカバーが付きます。


以上で完成です。

ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ヤリス DLS M226 + スーパーデッドニング施工

今回はお初のお車のご紹介。

DSC03957
ヤリスです。

スピーカー交換とスーパーデッドニングのご依頼です。
ありがとうございます。


ご予算とご要望に応じてこちらのスピーカーをお勧めさせて頂きました。

DSC03959
DLS M226
あえてコアキシャルタイプです。

DSC03961
ディスプレイオーディオ

DSC03960DSC03965
純正スピーカー。
リベット留めじゃなくなったようですね。


インナーバッフルは市販の物を加工します。

DSC03969DSC03970
元の塗装を一度剥ぎ取ります。


DSC03971DSC03972
制振塗料『ダイポルギー』をしっかりと塗り込んで乾燥させます。
防水と防振対策です。


DSC03974DSC03978
乾燥している間にスーパーデッドニング施工。


DSC03983
インナーバッフル取付。

DSC03984DSC03985
ドア内部の雨水があたる部分にコーキング材を塗り込んで防水対策。


DSC03987
スピーカー取付。


DSC03988DSC03989
ここから音楽を鳴らしてインナーパネルの響きを調整していきます。
手で触れて響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

※ 類似品にご注意!!
【アライブのスーパ―デッドニングは闇雲に制振材を貼りまくるデッドニング法ではありません】


DSC03990
ポイント部分に制振材を貼り付けてしっかりと押さえ付けていきます。

DSC03991
これを繰り返していき完成です!!


ありがとうございました。

スーパーデッドニングの価格は66,000円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング 

クリスマスプレゼント

今朝、自分へのクリスマスプレゼントが届きました!!(笑)

DSC03986
コンプレッサーです!!

IMG_2786
約15年前に中古で購入したコンプレッサーがいよいよヤバくなってきたので買い換える事にしました。

毎日必ず使う物で動かなくなってからでは仕事に支障が出るので今のうちに。
なかなかの出費でしたが・・・(^▽^;)


IMG_2796
15年前の当時とは仕事内容が違うのでパワー半分の小ぶりなタイプにしました。

DSC03986
やはり新品は気持ちいいですねぇ〜

またこれからバリバリと稼いでもらいましょう!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

まるはり 2月号(12月25日発売)

以前取材していただいた地方情報誌「まるはり」が届きました!!


DSC03955
発売は明日です。

アライブは西区特集のところに掲載されています。

DSC03956-1
モザイク(笑)

他にもお得な情報満載なので是非ご購入下さい。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

AUDI TT Roadster : DLS M6.2i + スーパーデッドニング

DSC03800
アウディTTロードスター

かっちょいい!!

DSC03803
オープン!!

DSC03802
いいですねぇ〜


こちらのお車にスピーカー交換とスーパーデッドニングの施工です。
ご予算重視のコスパ最高メニューです。

DSC03809
コスパ抜群の一押しユニット「DLS M6.2i」

もちろんスーパーデッドニングは必須です!!

DSC03810DSC03811
純正スピーカー
巨大です!!(笑)

DSC03813
ツィーターは純正位置へ。


まずはスーパーデッドニング施工から。

DSC03814DSC03821
アウターパネルの響きをコントロール。

DSC03823
アウターパネル部分が終わったところで中断してインナーバッフルの製作へ。

コスパ最高メニューの場合、インナーバッフルは基本的に市販品のMDF製の物をベースに防水と防振加工を施して取付を行います。

国産車であればほぼそれでOKなのですが、外車や適応がない車種の場合は製作する必要があります。
※ その場合少々価格はアップしてしまいますがご了承くださいm(__)m

今回のTTの場合もそのパターンです。

DSC03834DSC03835
型取り。

DSC03836DSC03837
合体!!

DSC03838DSC03839
ダイポルギーを塗り込んで防水&防振処理。

DSC03840
しっかりと乾燥。

DSC03845
完成!!
純正スピーカーの口径が大きいので音質面で非常に効果的な、面の広いバッフルが作れます。



DSC03847DSC03848
接地面にコーキング材を塗り込んで密着度を高めます。

DSC03849
純正取付穴を利用して固定。

DSC03850
内部の雨水があたる面にコーキング材を塗り込んで防水処理。

DSC03854
スピーカー取付完了!!


DSC03856
ここでしばらく音を出してプチエージング。

その後スーパーデッドニングの続きへ。

DSC03859
インナーパネルの響きをコントロールしていきます。

DSC03861DSC03862
ポイント部分に制振材を貼り付けてしっかりと押さえ付けていきます。

これを繰り返していき・・・


DSC03864
完成!!


DSC03842
ツィーターも取付完成。


ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

コペン Cero - DLS M6.2i & スーパーデッドニング

DSC03633
コペン Cero

スーパーデッドニングとスピーカー交換のご依頼です。
ありがとうございます。


交換するスピーカーがこちら。

DSC03632
アライブ大人気スピーカー、コスパ抜群の「DLS M6.2i」です。
29,000円(税別)と低価格ながらDLSらしい芯のある低音域と、聞き疲れしないマイルドかつレンジの広い高音域を再生します。

付属のネットワークもインラインタイプで純正スピーカーラインに割り込ます接続方法で、基本的に大掛かりなスピーカーケーブル交換をすることなく取付できます。

結果的に施工費も抑える事が出来るので、非常にリーズナブルな価格でワンランク上のサウンドが得られます。

「そんなに費用はかけずに純正スピーカーからのステップアップしたい」という方にお勧めのユニットです。

もちろんスピーカーの音の良し悪しを決める重要な施工法「スーパーデッドニング」は必須ですけどね(笑)


DSC03637
カロッツェリアのナビ。

DSC03639
ツィーターは純正位置へ取り付けます。


DSC03643DSC03644
コペンは旧型もそうでしたが純正スピーカーがドアの鉄板に直付けで、内張りとのクリアランスが少なく交換できるスピーカーが限られます。

今回はコスパ重視のプランですのでインナーバッフルは市販のものを利用して取り付けます。

・・・が、市販品はかなり口径が小さくてかなり穴を広げる必要があり、外径も小さくてスピーカーの固定しろがほぼ無い状態でした(汗)


DSC03647
仕方ないので市販品を基準に新たに作りました(笑)

DSC03648DSC03649
制振塗料ダイポルギーを塗り込んで防水と耐震対策を施します。

しっかりと乾燥させます。

DSC03673
乾燥後ドアに固定するのですが、ドアとの密着面にコーキング材を塗り込んで密着性を高めます。

DSC03674
ドア内部の雨水があたる部分にコーキングを塗り込んで防水効果を高めます。


続いてスーパーデッドニング施工。

DSC03665DSC03666
アウターパネル裏のポイント部分に制振材を貼り付けてしっかりとヘラで押さえ付けます。


DSC03678DSC03677
サービスホールを塞ぎます。

DSC03685DSC03687
スピーカーを取り付けて音出しをしながらインナーパネルの響きをコントロールしていきます。

DSC03690
完成!!


DSC03700DSC03701
ツィーターは純正位置に埋め込みました。


以上で完成です。
ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

DLSスピーカーだらけ(笑)

おはようございます(^O^)

今月はDLSスピーカーがてんこ盛り盛りです!!

DSC03629
沢山のご注文、施工ご予約ありがとうございます。

おかげさまで12月の施工ご予約はずいぶん前からいっぱいとなっております。
ありがとうございます。

また1月もかなり予約が埋まってきております。

スーパーデッドニングのみの日帰りコースの施工ですと平日は比較的空きがございますが、数日間お預かりの施工内容の場合ですと1月下旬以降となってきております。


施工ご希望のお客様はお早めに、お問い合わせならびにご予約いただけると幸いです。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

スイフトスポーツ・DLS RCS6.2i スピーカー交換とツィーターAピラー埋込加工。

DSC03537
今週はスイフトスポーツでした。

DSC03540DSC03541
エンジンルーム内も美しい!!


ご依頼いただいた施工内容は・・・

・スーパーデッドニング
・スピーカー交換
・ツィーターピラー埋込加工

お選びいただいたスピーカーがこちら・・・
DSC03548DSC03549
アライブ定番スピーカーの「DLS RCS6.2i」です。
ツィーターはお客様のご要望でAピラーの最適な位置へ埋込加工で取り付けます。

インナーバッフルはご予算に応じて市販のインナーバッフルを使用します。


DSC03543DSC03544
スーパーデッドニング施工。

DSC03569DSC03572
アウターパネルの響きをコントロール。


市販のインナーバッフルを加工。
DSC03578
元の色を全て剥ぎ取って制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。
バッフル自体の共振を防ぐ効果と防水効果があります。

DSC03581DSC03582
ドアに取り付けた後、スピーカー開口部の水がかかる部分にコーキング材を塗り込んで更に防水効果を高めます。

DSC03583
スピーカー取付完了。


DSC03580DSC03584
ゴム質の制振材を利用してサービスホールを塞ぎます。

ここから実際に音楽を鳴らしてドアのインナーパネルの響きをコントロールしていきます。

DSC03587DSC03588
スピーカーから伝わる振動を手で触れて感じ取り、制振材を貼り付けるポイントを探ります。
敢えて適当な大きさにカットした制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC03589
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC03590
また次のポイントを探ります。

DSC03591
これで完成!!


工程は前後しますがパッシブネットワークの設置。

DSC03553
助手席下へ設置します。

DSC03552DSC03557
ナビ裏からネットワークへ、ネットワークから各スピーカーへ新たにスピーカーケーブルを引き換えます。

DSC03554
ネットワーク設置の専用ボードを製作。

DSC03560
パッシブネットワーク設置完成。


続いてツィーターピラー埋込加工。

DSC03597DSC03596
最適な位置角度にツィーターリングを固定。
左右微妙に角度を変えています。

DSC03599DSC03600
パテ整形。

DSC03602DSC03603
パテを削っては盛りを繰り返して自然なラインを作り出していきます。
この作業は若いころに板金塗装屋で働いていた時の経験が活かされます。

DSC03604DSC03606
制振塗料ダイポルギーを塗り込んでピラー自体の余計な共振を防ぎます。

DSC03608DSC03609
しっかりと乾燥した後、余分な凹凸を削ります。


DSC03610
生地を貼り付けるために耐熱ボンドを吹き付けてある程度乾燥させます。

DSC03612
巻き終わりました(笑)

DSC03616
ツィーターを固定。

DSC03611DSC03614
ツィーター周りに取り付けるリング(スーパーリング)を製作。

DSC03617
ピラー裏にはシンサレート吸音材を装着。

DSC03618DSC03619
スーパーリングを取り付け。

DSC03621DSC03620
車両に取り付けて完成です。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒651-2116
兵庫県神戸市西区南別府
4丁目38-2

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます