兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県神戸市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • N-VANに「コスパ最高プラン」とスーパーチューニング&ツィーターピラー埋込加工
    2023年05月21日● コスパ最高プランN-VAN

    N-VANにコスパ最高プラン施工と、スーパーチューニングとツィーターAピラー埋込加工です。

    記事を読む

  • 今日は雨です、寒いです(>_<)
    2023年05月19日ブログねた

    おはようございます。 本日は肌寒い雨ですが1日頑張りましょう!!

    記事を読む

  • デリカD5 コスパ最高プラン施工のご紹介
    2023年05月18日● コスパ最高プランDELICA D5

    デリカD5に、コスパ最高プラン施工のご紹介。

    記事を読む

  • 本日も1日頑張りましょう!!
    2023年05月17日ブログねた朝のご挨拶

    おはようございます。 今日も1日よろしくお願いいたします。

    記事を読む

  • 滋賀県よりお越しのキャラバンに、スーパーデッドニング施工です。
    2023年05月12日● スーパーデッドニングNV350キャラバン

    滋賀県よりお越しのキャラバンの純正スピーカーにスーパーデッドニング施工です。

    記事を読む

  • ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせ
    2023年04月30日お知らせ

    ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせ

    記事を読む

N-VANに「コスパ最高プラン」とスーパーチューニング&ツィーターピラー埋込加工

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_3969
HONDA N-VANです。

DSC_3971
大阪府堺市よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

こちらのオーナー様は約1年ほど前にスーパーデッドニングの施工をさせて頂いたリピーター様です。

DSC02239DSC02274

今回はステップアップのご依頼として、アライブ人気メニューの「コスパ最高プラン」でのスピーカー交換です。

さらにドア内張りへの施工メニューの「スーパーチューニング」と「ツィーターピラー埋込加工」もご依頼いただきました。

※『スーパーチューニング』についてはこちらをご覧ください。


※『ツィーターピラー埋込加工』についてはこちらをご覧ください。



今回、一気にフルメニュープランの施工となります。
ありがとうございます。


DSC_3982
取付するスピーカーは定番の「DLS M6.2i」です。

コスパ最高プランですので、インナーバッフルは市販の物を使用します。

DSC_3995
が、アライブサウンドとしてはこのまま使用するわけにはいきません(笑)

DSC_3996DSC_3997
元の色を剥がして制振塗料「ダイポルギー」をしっかりと塗り込みます。
これにより防水対策とインナーバッフル自体の強度をアップして余計な共鳴を防ぐ効果があります。

DSC_3998
しっかり塗り込んで、しっかりと乾燥させます。

DSC_3999DSC_4000
インナーバッフルをドアに固定した後、内側の雨水があたる部分にコーキングを塗り込んで更なる防水対策を施します。


コーキングを乾燥させている間にツィーターピラー埋込加工の工程へ。

DSC_3983
ツィーター固定の土台となるリングを切り出します。

DSC_3984
Aピラー全体をサンダーで足付けをし、土台のリングを埋め込む最適な位置に穴を開けます。

DSC_3986DSC_3985
Aピラーを車両に取り付けて左右それぞれ最適な角度に合わせて土台のリングを固定します。

アライブサウンドのコンセプトである「聴き疲れしない、いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド」での、ダッシュボード上部全体に音が広がる様なサウンドを作り出すには、このようなツィーターの向き(角度)となります。

それに合わせて左右の向きをそれぞれ決めています。


DSC_3987DSC_4001
Aピラーを車体から取り外してパテ整形を行います。

一度に盛れないので盛っては削りを繰り返して成形していきます。

DSC_4002
はじめは粗削り。

DSC_4003DSC_4024
最後は手作業で形を整えていきます。

DSC_4025DSC_4026
成形が出来たらダイポルギーを塗り込みます。

DSC_4027
2回に分けてしっかりと塗り込みます。

DSC_4028DSC_4029
ダイポルギーを塗った直後は艶があってパテ整形した形がよくわかるので、絶妙なラインが出ているかどうかのチェックが出来ます。

ここでいつも「おおっ!!ええ感じのラインが出てるやん!!」と自画自賛するのです(笑)


DSC_4034DSC_4035
ダイポルギーが乾いたら細かい凸凹があるのでペーパーで表面を削って慣らします。

DSC_4036
削りカスを水で洗い流します。
そしてしっかりと水分を乾燥させます。

DSC_4037
生地を貼るための耐熱ボンドを全面に吹き付けてある程度乾燥させます。


そうこうしている間にインナーバッフルのコーキングが乾きますのでスピーカーを取り付けます。

DSC_4043DSC_4046
スピーカーを取り付けて直ぐの音はとんでもなく変な音なのでしばらく鳴らし込みます。

写真はすでに施工後ですが、ある程度エージングしてまともな音が出るようになった時点で施工済みのスーパ―デッドニングの修正、微調整を行います。


DSC_4047
ピラーのボンドが乾いたので生地貼り工程へ。

DSC_4052DSC_4053
で、いきなり完成(笑)

ツィーター周りにはスーパーリングを装着。

DSC_4048DSC_4049
これも手作業で制作。

DSC_4050DSC_4051
ツィーターの音を拡散して広げる役割があります。

ただ、幅が細いAピラーやその形状、またツィーターの形状によってはスーパーリングが装着できない場合があります。

DSC_4054
ピラー裏にはシンサレート吸音材を装着。
車体のピラーからの余計な音を吸音します。

DSC_4057DSC_4058
車体に取り付けました。

DSC_4055DSC_4056
なかなか自然な感じで仕上がりました。


そして「スーパーチューニング」

DSC_4004DSC_4005
内張り裏全面にダイポルギーを塗っていくのですが、密着性を高めるために足付けを行います。

DSC_4006
内張り裏は凹凸などがあって狭いところ等やり難い部分が多々あります。

勢いよくゴシゴシやってると突起部分に指を引っ掛けたりして、場合によっては流血する事もあるのでこの地味な作業は意外と大変なんです。

DSC_4007DSC_4008
そしてダイポルギーを塗っていきます。

DSC_4010DSC_4017
一度には塗れないので一度乾燥させた後、2回目を濃い目に塗っていきます。

DSC_4030DSC_4031
しっかりと乾燥させた後、要所要所に応じた吸音材を装着していきます。

DSC_4032DSC_4040
そして完成です。


とこんな感じですべて完成です。

ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

今日は雨です、寒いです(>_<)

おはようございます。

今日は昨日とは打って変わって土砂降りの雨です。

DSC_1010

さらに昨日は汗ばむくらい暑かったのに今日は寒いです(>_<)

DSC_1015

そんなどんよりとした日ですが今日も1日頑張りましょう!!

ではまた〜

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

デリカD5 コスパ最高プラン施工のご紹介

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_0743
デリカD5です。

DSC_0744
いろいろカスタムされているようで渋いです!!

そして・・・

DSC_0748
香川県よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

しかも約10年ほど前にスーパーデッドニングの施工をさせて頂いたリピーター様です。
やはり一度スーパーデッドニング効果を体感すると、それ無しの音では聞けなくなるようですね(笑)
ありがたい事です。

で今回はさらにステップアップをした内容でスピーカー交換も行います。
出来るだけ低予算で費用対効果の高いプランがご希望との事でしたので、アライブ人気メニューの「こすぱ最高プラン」をお勧めさせて頂きました。

アライブの代車兼デモカー「モコ」に、そのプランを組んでいます。
詳しい内容は以下リンク先をご覧ください。



DSC_0753
取付するスピーカーはDLSのエントリーモデル「M6.2i」です。

以前より値上がりして定価41,800円(税込)と少し高くなってしまいましたが、それでも価格以上の聴き疲れしないリアリティーの高いサウンドを奏でます。

またDLS特有のしっかりとした低音域が鳴り、スーパーデッドニングとの相性も抜群です。
「聴き疲れしない心地良いサウンド」と言うところが、アライブサウンドの基本コンセプトである「いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド」にマッチしますね。


DSC_0749DSC_0755
内張り外します。

DSC_0756DSC_0757
純正スピーカー。
今回はこれはサヨナラします。

DSC_0764DSC_0766
まずはスーパーデッドニング施工から。
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC_0767
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC_0768DSC_0769
最適な大きさの制振材をポイント部分に貼っていきます。

DSC_0770DSC_0771
全て貼り終えた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC_0774DSC_0775
こんな感じで押さえ漏れの無いようにしっかりと押さえ付けていきます。

DSC_0780DSC_0782
助手席側も同様に施工していきます。

DSC_0786DSC_0787
スピーカー裏の背圧があたる面に吸音材を貼り付けます。
耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化しておきます。

DSC_0807
こんな感じで貼り付けます。
これにより余計な反射音を消す事が出来、中低音域の音のボヤケが無くなり音抜けがよくなり、結果ツィーターとの音の都賀刈りがよくなります。


つづいてインナーバッフルの加工です。

DSC_0809
コスパ最高プランではコスパ重視という事でインナーバッフルは市販品の物を使用します。
ただそのまま取り付けるのではなく、アライブ独自の加工を施して取付します。

DSC_0810
元の色を一旦剥ぎ取ります。

あとデリカの場合、ドア側のスピーカー開口穴が非常に小さくなっています。

DSC_0787
スピーカーの背圧の抜けを考えるとカットして広げたいところでもあるのですが、鉄粉の飛散防止の養生等々非常に手間暇がかかります。

またカットしてしまうと市販のインナーバッフルの固定が出来なくなり、一からインナーバッフルを製作する事になり、その分の施工費がかなりアップしてコスパ最高プランではなくなってしまいます。

そのパターンですと「スーパーインナーバッフル」のメニューとなりますね。

※ スーパーインナーバッフルの詳細はこちらをご覧ください。





という事で今回はこの穴は現状維持ですすめていくのですが、もう一つ問題があります。
取り付けるM6.2iのスピーカー裏のフレーム部分が干渉して、インナーバッフルに固定が出来ません。

以前同様の事例があったので解っていたことですけどね。

そこで嵩上用のスペーサーリングを製作してインナーバッフルの厚みを上げます。

DSC_0808DSC_0811
嵩上リングの厚みを厚くし過ぎると内張り側に干渉してしまうので、双方のクリアランスをよく見ながら厚みを決めてリングを製作します。

そしてボンドで合体!!

DSC_0812DSC_0813
ボンドがしっかりと乾燥した後は、スピーカー固定用の下穴を開けます。


DSC_0814DSC_0815
そして制振塗料「ダイポルギー」をしっかりと塗り込みます。

DSC_0816
そしてしっかりと乾燥させます。

ダイポルギーを塗る事により防水対策になる事と、インナーバッフル自体の余計な共鳴を止める事が出来ます。
後者が一番の理由ですね。


ダイポルギーを乾燥させている間にツィーターの取付です。

DSC_0752
ツィーターは純正位置に取り付けます。

音質重視で突き詰めていくとツィーターの取付位置と角度は非常に重要なポイントとなり、Aピラーへの埋込加工と言うメニューになります。

もともと何も付いていないところに埋込加工をするので、やはり施工難易度も上がりそれ相当の施工時間もかかります。
そしてそれに応じた施工費用となりますね。

※ ツィーター埋込加工の施工例はこちをご覧ください。


これまたコスパ最高プランの趣旨とはかけ離れてしまいますので、コスパ最高プランでは純正ツィーターがある車種の場合は純正位置へ取り付けます。
純正ツィーターが無い車種の場合はダッシュボード両端へ貼り付け固定となります。


DSC_0817DSC_0818
純正ツィーターです。

DSC_0820
M6.2iのツィーターの方が大きいですので当然ですがそのままでは付きません。

DSC_0821
車種ごとにその都度その状況に応じた加工を施して取付します。


DSC_0823DSC_0824
インナーバッフルのダイポルギーが乾いたのでドアに取り付けます。
そして内側の雨水があたる部分にコーキング材を塗り込んで防水対策を施します。

このコーキングの乾燥にも時間がかかります。
ですので各施工工程は効率をよく考えながら進めていく必要があります。

一言でスピーカーの取付と言っても、色々な所に頭を使って作業をしています。
仕事なので当たり前の事ですけどね(笑)



コーキングを乾燥させている間に次の工程へ。

DSC_0829DSC_0832
ツィーター用ネットワークは純正スピーカーケーブルから分岐させて、車両メンテ時に容易に脱着が出来るように接続部分をカプラー式に細工して接続し、左右それぞれキックパネル内に装着。

DSC_0840DSC_0842
ツィーター接続部分もカプラー式にして脱着を容易にしています。
カプラーが内装に干渉してカタカタと音が出ないように吸音材を巻いています。


つづいてサービスホールを塞ぐ工程です。

DSC_0788DSC_0789
ゴム質の制振材をサービスホールの穴の大きさにカットします。
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。



そうこうしている間にコーキング材が乾いたのでスピーカーを取り付けます。

DSC_0836DSC_0838
DLSのロゴ位置がおかしいですが、この位置じゃないと裏の端子部分が干渉してしまうのです(汗)


DSC_0844DSC_0843
サービスホールも塞ぎました。


そしていよいよスーパーデッドニングの最終工程です。

と言いたいところですが、スピーカー交換と同時の場合はしばらくの間音出しをしてある程度エージングを行います。
新品のスピーカーの音が出た瞬間は「なんじゃこの音(>_<)」と言ってしまうくらいなガッカリな音です。

が、30分くらい鳴らしているとガラッと音が変わります。
その頃を見計らってスーパーデッドニング最終工程に突入します。


DSC_0845
音出しをしながらドアのインナーパネルの響きをコントロールしていきます。
手をインナーパネルに触れて響きを感じ取りながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC_0846DSC_0847
最適な大きさの制振材をポイント部分に貼り付けてヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC_0848DSC_0849
そして次のポイントを探ります。

これを繰り返していきます。

DSC_0850DSC_0851
そして完成です。

DSC_0855
運転席側の同様に施工していき完成です。


DSC_0860DSC_0862
内張り側のスピーカー周りにリブがありますが、純正スピーカーの場合はピッタリのクリアランスになっていますが、スピーカーを変えた場合はこのリブにスピーカーが干渉する場合があります。

今回は嵩上をしていますので尚更ですね。
ある程度カットして吸音材を貼っておきます。

最後にサウンドセッティング。
と言ってもスーパーデッドニング効果でほぼすべての項目はOFFもしくはフラットでOKです。

クロスオーバーセッティングのみ使っています。

DSC_0863DSC_0864
DSC_0865DSC_0866
DSC_0867DSC_0868


以上ですべて完成です。
ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

本日も1日頑張りましょう!!

おはようございます(^O^)/
今日もいい天気で暑くなりそうですね。

本日もよろしくお願いいたします(^.^)

C8A682BF-C854-4585-A4BF-D36D0B6CA4CB


-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

NDロードスター 純正BOSEスピーカーにスーパーデッドニング施工です。

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_0109
NDロードスターです。

DSC_0111DSC_0118
美しい!!


DSC_0115DSC_0114
オーディオは純正BOSEシステムです。

スーパ―デッドニングのご依頼です。




DSC_0122DSC_0123
BOSEスピーカー。

DSC_0131DSC_0133
ドア内部を丁寧に脱脂処理。


DSC_0134DSC_0135
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC_0136DSC_0138
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC_0142DSC_0144
押さえ漏れの無いようにしっかりと押さえていきます。

DSC_0145DSC_0146
助手席側も同様に施工していきます。


DSC_0148DSC_0149
スピーカー裏の背圧があたる面に吸音材を貼って余計な反射音を防ぎます。


DSC_0151
スピーカーと樹脂パネルを元に戻し、ここから実際に音楽を鳴らします。

DSC_0152DSC_0153
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わります。
手をインナーパネル触れて響きを感じ取りながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC_0154DSC_0155
貼った後にヘラでしっかりと押さえ付けます。

この作業を繰り返してインナーパネルの響きをコントロールします。

そして・・・

DSC_0157
完成です!!

DSC_0163
サウンド調整はスーパーデッドニング効果でフラットがベストです。

ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

滋賀県よりお越しのキャラバンに、スーパーデッドニング施工です。

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_0490
キャラバンです。

DSC_0492
滋賀県からお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

スーパーデッドニング施工のご依頼です。




DSC_0494
オーディオは純正です。

DSC_0493DSC_0495
スピーカーも純正です。

DSC_0501
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC_0504DSC_0505
写真撮ってませんが(汗)、アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら響きを感じ取って制振材を貼り付けるポイントを探ります。

貼った後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。
写真は押さえた後です。

DSC_0507DSC_0509
助手席側も同様に施工していきます。


DSC_0510DSC_0511
スピーカー背面に吸音材を貼ります。
勝手に剥がれないように耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化してから貼り付けます。

DSC_0516
貼りました。
スピーカー裏から出る音の余計な反射音を防ぐ役割があります。
中低音域の音のボヤケが消えて音抜けがよくなります。


DSC_0515
ゴム質の制振材をサービスホールの大きさにカットします。

DSC_0512
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC_0519
サービスホールを塞ぎ、スピーカーを取り付けます。

ここから実際に音楽を鳴らしてインナーパネルの響きをコントロールしていきます。
スーパ―デッドニングの最終工程です。

インナーパネルに手を触れて響きを感じ取りながら制振材を貼っていくのですが、またまた写真を撮っていませんでした(^▽^;)

なのでこの工程の様子は以下のレガシィアウトバックの記事をご参照ください。




そして・・・

DSC_0520
完成です!!(笑)

DSC_0523
助手席側も同様に施工していき、完成です。

DSC_0526
ナビのサウンドセッティングはスーパーデッドニング効果で全てフラットでOKです。

以上ですべて完成です。
ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

スーパーデッドニングの価格は66,000円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング 

岡山県よりお越しのレガシィアウトバックに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工です。

本日はこちらのお車のご紹介です。

DSC_0291
レガシィアウトバックです。

DSC_0293
岡山県よりお越し頂きました。
ここ最近は県外からのお客様続きですね。
遠路遥々ありがとうございます。

ご依頼いただいた施工内容はアライブおすすめ定番メニューの「スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工」です。

※ スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工についてはこちらをご覧ください。



DSC_0295DSC_0301
オーディオは純正ハーマンカードンサウンドシステムです。


DSC_0294DSC_0303
フロントドア内張り外します。

DSC_0305DSC_0306
スピーカーも一旦外します。


DSC_0298DSC_0311
リアドア内張り外します。

DSC_0315DSC_0316
リアスピーカー。


DSC_0310DSC_0328
ドア内部を丁寧に脱脂処理。
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC_0329DSC_0330
敢えて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC_0331DSC_0332
全て貼り終えたらヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC_0334DSC_0336
押さえもれの無いようにしっかりと。

DSC_0340DSC_0341
リアドアも同様に施工していきます。


DSC_0346
スピーカー裏の背圧があたる面に吸音材を貼り付けて余計な反射音を防ぎます。

DSC_0347DSC_0348
剥がれ防止として耐熱ボンドを貼り付ける面に吹き付けます。

DSC_0349DSC_0350
貼りました。


DSC_0351DSC_0352
サービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC_0353DSC_0354
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。


ボンドを乾燥させている間にダッシュ上のスコーカー&ツィーター部分の施工。

DSC_0321DSC_0323
スピーカーを取り外します。

DSC_0327DSC_0324
ちょっとわかりにくいですがスピーカーを外した内部はがらんどう状態です。
このままだと音がぼやけてしまうので吸音材を装着してプチチューニングを施します。

DSC_0356DSC_0357
シンサレート吸音材をスピーカー下部を包み込むような感じで装着。


そうこうしている間にボンドが乾いたのでドアの続きを。

DSC_0358DSC_0360
ゴム質の制振材にヒートガンをあてて伸ばしながら貼り付けてサービスホールを塞ぎます。

スピーカーを元に戻してここから実際に音楽を鳴らします。

DSC_0364
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わります。
このインナーパネルの余計な響きが音を歪ませる原因です。

スーパ―デッドニングではこの響きを整えていき、ボリュームを上げても音が歪まない良い響きに変えていきます。

スピーカーを良い物に交換してもこのインナーパネルの余計な響きは改善されません。

「純正スピーカーは音が悪い!!」と決めつける前に・・・
カーオーディオの音を良くするためには、まずは音を悪くしている原因を改善する事が重要かつ先決です。

インナーパネルに手を触れて響きを感じ取りながら制振材を貼るポイントを探ります。
まずは響きの強いスピーカー周りから攻めていくような感じです。

DSC_0365DSC_0366
最適な大きさの制振材を選んでポイント部分に貼り付けます。
すぐにヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC_0367DSC_0368
そして次のポイントを探ります。

これを繰り返していき・・・

DSC_0370
完成です!!

DSC_0373
リアドアも同様に施工して完成です。

DSC_0382DSC_0383
最後に前後バランス調整。
このハーマンカードンシステムのようなシステムは、全てのスピーカーをトータルで鳴らしてこそのシステムですので、前後バランスはセンター位置となります。

トーンバランスはスーパーデッドニング効果でフラットでOKとなります。


以上ですべて完成です。
ありがとうございました。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせ

昨日よりゴールデンウィーク突入しておりますが・・・(^-^;
ゴールデンウィーク期間中の営業日のお知らせです。


5月1日(月)は、定期的に行っている眼の病院の定期健診日ですので終日お休みさせて頂きます。

IMG_0110IMG_0112



5月2日(火)は、病院続きですが午前中に歯医者の予定があります(^▽^;)
ですので午後からの開店となります。

5月3日(水)〜7日(日)は通常営業です。
ただし施工予約は全て埋まっておりますので、施工ご希望の方は5月8日以降で日程のご相談をさせて頂きます。


よろしくお願いいたします。

-----◆ 最新情報はこちらをチェック!! ◆-----
・Instagram (@alivesound)
・Facebook page (
@alivesound.factory
 )
---------------------------------------------------------------

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒651-2116
兵庫県神戸市西区南別府
4丁目38-2

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます