今日は、珍しい車です。

名車20ソアラです。

gaikan






懐かしいですねぇ〜
若い頃憧れの車やったなぁ

オーナー様もこの車が好きで、もう20年以上乗ってます。
走行距離も20万キロオーバー!

でも、まだまだ現役でがんばっています。
これからも、ずっと乗り続けて頂きたいですね。

さて、今回は『タイコバージョンアップ&アクワイエ』のご依頼。


スーパーデッドニング施工時の記事はこちら

前回は、デッキが純正カセットデッキで再生するカセットテープも無く、最初で最後ですがなんとFMラジオを流しながらのデッドニング作業でした(笑)

しかし、今回はなんと!!

CDデッキに替わっていました(笑)


door3door2






aqwdoor1






以上で完成です。

前回同様、すばらしく熱いご感想メールをいただきました。
めっちゃ伝わって来ます!

では、どうぞ!




アライブ 原田様


先日は、タイコバージョンへのバージョンアップ有り難うございました。

バージョンアップとは名ばかりで、スポンジはがしてからのやり直しで、新規で施工するより余計に手間暇かかっているとの事で、しかも低価格、正直驚きました。(よく考えてみれば、すぐに分かりそうなもんですかね。)
つくづく商売人ではなく、職人さんなんやなぁ〜と改めて原田さんに敬服いたしましたよ。

スーパーデッドニング(アクワイエ無し)の施工時(2007.2)には・・・

「いや〜、とっても良いです!低音が格段に出ています!かと言って、ズンズンと言った妙に低音だけが強調されているのではなく、低〜中〜高音域とうまくつながって、音の厚みが増しているのを感じます。」

と感想を書いていましたが・・・



いや〜! チョ〜ウ(超)、気持ちイイ〜〜〜!!(古いですね)

今回のタイコバージョンアップ(+アクワイエ)では、さらなる低音の厚みが増し、その響きがまさにタイコ!
そして低音の厚みが増しているので、低〜中〜高音域のつながりが益々良くなり、ボーカルのリアリティがすごいんです!

すごく近くで歌っている様です。

ホール(ドーム)のスタンドで聴いていたのが、アリーナの前の方かライブハウスで聴いている感じです。
口径10cmのスピーカー(カロのセパレートのトレードイン)で鳴らしているとは、信じてもらえないかも、とは言い過ぎですかね?

バージョンアップ前はBBEをレベル1、イコライザーとDSPはフラットで聴いていましたが、バージョンアップ後は、すべてフラットが一番気持ち良いです。

BBEをレベル1にしてやると、音の厚みが出て迫力がさらにアップはしますが、長時間聴いていると何となく疲れる感じでしたので、すべてフラットで聴いています。
これが疲れなくて気持ち良いです。

現状でも相当気持ちよいのに、ツイーターの向き修正や口径の大きい(16~17センチ)スピーカーやスーパーシリーズを施工したらどうなってしまうのかと思ってしまいます。

とは言え、動態状態を維持していく方が重要になって来てますけどね。

なんせ昭和63年式ですから・・・

施工困難な車ですが、今回も有り難うございました。

長文メールすいませんでした。
体に気をつけて頑張って下さい。




ありがとうございました。