今日は、エアロパーツの塗装&取付。

車はフィット。
tazy






フィットパック装着車両です。

オーディオは低価格でリーズナブルなフィットパックで大満足!!
なのでオーナーさん的には、オーディオ部分はこれで完結だそうです(笑)


今回は外装をちょっとリニューアル。
a2a1






NOBLESSE(ノブレッセ) RS純正バンパー対応リアディフューザー

久々のエアロパーツ取付。
艶消しブラック塗装なんで、塗装もやっちゃいました。


ashi1ashi2






まずは、塗装前の下地の足付け処理。
全面にペーパーがけをして、塗料が剥れないようにします。

地味な作業ですが、ここの部分手を抜くと後で取り返しの付かない事に...
出来栄えが良いかどうかは、この下地処理にかかってます。


safu4






safu3safu1






下地のペーパー目を消し、色乗りを良くする為にサフェーサーを塗り乾燥させます。

safu2






サフェーサーが乾燥したら、更に細かい番手のペーパーで再度足付け処理。


r6r5






艶消しブラックを何回かに分けて塗装。

よ〜く乾燥した後にリアバンパーを外して純正バンパーに装着。

エアロパーツって基本すんなり合わないんですが、ここのエアロは抜群の精度ですね。
メーカーさんのブログ見たけど、仕上げにはかなりの拘りがあるようで惜しみない設備投資がされています。

ゲルコートの巣穴も全くなかったし、良く出来てます。

職人の拘りですね。

すばらしい!!

めっちゃ共感してしまいました(笑)



r7






メッシュ部分から白いボディーが見えると格好悪いんで、見えそうな所をチッピングコートで黒く塗装。


r3r4






r1r2






r8r9






以上で完成〜


シンプルで、さり気無いとこがいいですねぇ〜

大人の弄りって感じです。