DSC07260DSC07261
昨年の年末にスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工をさせて頂いたリーフのオーナー様より、施工後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

まずは施工内容のご紹介。

DSC07262
三重県よりお越し頂いておりました。

DSC07263DSC07267
純正ナビです。

DSC07264DSC07265
オーディオは純正BOSEシステムです。

DSC07268DSC07269
フロントドア内張りを外します。

DSC07274
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC07275DSC07276
純正BOSEスピーカーユニットです。

DSC07271DSC07272
リアドアの内張りを外します。

DSC07277
フロントドアと同様にドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC07278DSC07279
リアの純正BOSEスピーカーユニットです。
フロントとは口径は同じですが物は違いますね。

DSC07280DSC07281
DSC07282
スーパーデッドニングはドアの外板パネルの響きをコントロールしてベース音の心地よい余韻を奏でるように施工しています。

敢えて適当な大きさの短冊状にカットした制振材を、ポイント部分に貼り付けしっかりと押さえつけて響きを調整していきます。
貼り付けるポイントは指先で外板パネルを叩き、その指先に伝わる鉄板の響きを感じ取りながら探っていきます。
この感覚は何百台と施工してきた経験から掴みとった感覚です。

たまに『制振材を貼る場所はそれぞれの車によって決まってるのですか?』と聞かれる時がありますが、貼る場所はその都度違います。
別記事の同車種の写真を見比べて頂ければわかりますが、同じ車種でも制振材を貼っている位置は全く違います。

アライブサウンドという明確な『目指す音』があり、その音になるように鉄板の響きを調整しながら制振材を貼っていった結果、出来上がった貼り付け位置です。
そもそも制振材自体を適当な大きさに切っているので、貼る位置が同じでも貼る制振材の大きさが違うのですから貼る位置が決まっていても意味が無いですよね。

アライブ独自の各施工法は、アライブサウンドという『明確なゴールの音』を創り出すための施工法です。

ですので施工する車種やオーディオのシステムが違っても、施工後に出来上がる本質の音は全てアライブサウンド(何時までも聴いていたくなる心地よいサウンド)になるのです。

制振材や遮音・吸音材を車種に関係なく決まった貼り付け方をしてしまうと、その結果で出来る音になってしまうので結果的に音が良くなったり悪くなったりしてしまいます。
『スピーカー交換して、バッフルボード作って、デッドニングして、チューニングしたら良いのか悪いのかわからないけど結果こんな音が出来ました』ではカーオーディオ専門店とはいえませんね(汗)

例えばラーメン屋さんのお店によってそれぞれ拘りのスープの味があるように、カーオーディオの専門店としてサウンドを提供しているのですからそのお店独自の拘りのサウンドがあるべきですね。

ただ音は目に見えませんし、良い音に正解もないので『独自の施工法で拘りの音を提供しています』だけでは説得力ないですね(汗)
『独自の施工法や拘りの音は何を根拠にしているのか?』ということを語れないと本当のプロとは言えないと思って熱く語りましたので、下の『スーパーデッドニングって何?』をご覧ください(笑)

『スーパーデッドニング』って何?



では施工内容の続きを(笑)

DSC07283DSC07284
DSC07286
リアドアも同様に施工します。

DSC07287
DSC07289DSC07290
スピーカーの背圧が当たる部分に吸音材を貼り付け余計な反射音を消します。

DSC07291
ゴム質の制振材をサービスホールの穴に合わせてカットします。

DSC07292DSC07297
サービスホールの縁に粘着強化の為のボンドを塗りサービスホールを塞ぎます。

DSC07294
DSC07295DSC07298
リアドアも同様にサービスホールを塞ぎます。

DSC07297DSC07301
ここから実際に音楽をかけます。
スピーカーからドアのインナーパネルに伝わる振動を、制振材を利用して音楽全体のバランスを整えるような感じで調整していき完成です。

DSC07298DSC07303
続いてリアスピーカーで音楽を鳴らしフロントドアと同様に施工して完成です。

DSC07314
最後に最適な前後バランス位置に調整して全て完成です。


ではオーナー様からのご感想メールをご覧下さい。

-----------------------------------------------------------------
こんにちは。
長らくお返事が出来ず申し訳ありませんでした。

実は、神戸から帰って数日後にブレーキの不具合が発見されそれがリーフ独特、しかも例のないトラブルと言うことで、ブレーキのコンピューター?部分をごっそり取り替え、しかも年末だったため部品調達が出来ずなんと年越しは代車・・・だったんです(笑)

ようやく車がかえってきたのが先月中旬でした。

ようやく遠出してスピーカーの威力を満喫しているとこです。

音量を上げるだけで満足のいく音・・・むかしのCDも良く聞こえます。
まったく音量以外操作しなくてもよく、とても快適です。

嫁も音が気持よくなったねと申しております。
ただでかい音にするのが嫁とわたしでは意見が合わず、それ以外は非常に満足しております。

純正でしかもあのお値段でこれだけ満足できるのは原田様の仕事のすばらしさだと感動いたしました。

次回?車を更新することがあるかどうかわかりませんが、その機会には・・・(笑)

寒い季節が続きますが、お身体ご自愛ください。

ホントに丁寧な仕事ありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------

こちらこそありがとうございました。