アライブデモカーのご紹介です。

まずは、オーディオから。

ヘッドユニット
  • ALPINE CDA7990J 
スピーカー
  • DLS Iridium 6.2 
アンプ
  • TRU C-7.2 
RCAケーブル
  • アコースティックハーモニー CR5000 
スピーカーケーブル
  • アコースティックハーモニー CS5000 
キャパシター
  • BA/labo BE-101 & BE-202
その他パーツ関係
  • フルテック 

システムは以上の様になってます。 

ポロ、ツィーターポロ、ミッドポロ、アンプ


フロントスピーカのみのシンプルなシステムで、付属のパッシブネットワークを使用した純アナログ2チャンネルです。
プロセッサーは使ってないので、調整箇所はアンプのゲインとパッシブのツィーターのアッテネーションくらいです。

あとはドア内部のデッドニングとチューニングで音調整を行なっています。 


音の方は、これぞアナログの音って感じですかねぇ。
まぁ、好みはあると思いますがアナログ独特の生音感は体感できるようになってますよ。

僕は、趣味でギターをやってるので(また近々趣味カテゴリーで公表しますが)どうしても楽器の生音が気になるので、生音重視のチューニングになるんですよ。 

でも基本的に生音が再現できるようにチューニングすると、どんなジャンルを聞いても楽しく聞けますけどね。 

やっぱりカーオーディオは楽しく聞けないとドライブも楽しく出来ないですね。
 

外観は結構色々変えてるのですが、その中でも一番インパクトがあるのがやっぱりホイールかな。

ポロ、前ポロ、横

実は今年のオートメッセにこのポロを出展したんですが、アライブのブースの前を通る人のほとんどがホイールをみてびっくりしてましたね(笑)

ポロ、後ポロ、中

オーディオのホールに出展してたので内心『オーディオも聞いてよぉ・・・』って思ってたんやけど、自分が選んでつけてるホイールなんで反面うれしかったですねぇ。 

一番聞かれたのがサイズで、ちなみに前後とも7.5J-13です。
車高も極限まで下げてるので『これで走れるの?』って言われるけど余裕で走れますよ。

でも、体重の重い人が横に乗るとちょっときついかなぁ・・・(汗)
 

こんな仕様ですが、よければまた見に来てくださいね。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング